↑と÷

変な記号の関数もこれで最後だ。

↑は累乗だ。o^と書こう。(o^ n m) は m が0になるまで1ずつ減らしながら n をかけていけばいい。

実行:

^o^ > gosh -I. exp.scm
8
256

÷

次は割り算。o/ と書こう。これは関数の定義がさき出てきてしまうので素直に写経。

実行:

^o^ > gosh -I. quo.scm
3
3

今までの関数と違って、終了条件が zero? じゃない。この定義だとあまりは捨てられてしまう。ま、整数の割り算って、Ruby や Python でもそうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください