Look and Say 数列

ちょっと面白いものを見つけた。

 cf. 「Haskell」で「Look and Say 数列」を生成してみた – Zodiacの黙示録

Look and Say 数列とは次のようなものらしい。

1 11 21 1211 111221 ...

ちょっと規則性が見いだせないが、

  1. 最初の項は「1」
  2. 次の項は直前の項を見る(look)。すると「1」個の「1」。
  3. なので「11」と言う(say)。
  4. さらに次の項は直前の項を見て、「2」個の「1」。
  5. なので「21」と言う。
  6. 以下繰り返し

となっている。

リンク先では Haskell でやっているので、Scheme でやってみた。Haskell と違って無限リストは扱えないので、スクリプトの引数で生成する数列の数を指定するようにした。

unfold のために srfi-1 を、group-sequence のために gauche.sequence を読み込んでいる。
group-sequence はリストや文字列といった sequence を、同じ値ごとにグループ化する手続き。こんな感じ:

gosh> (group-sequence "aabccdddee")
((#\a #\a) (#\b) (#\c #\c) (#\d #\d #\d) (#\e #\e))

さて、実行してみよう。

takatoh@apostrophe $ gosh look-and-say.scm 8
(1 11 21 1211 111221 312211 13112221 1113213211)

うまくいったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です