20auto-upgrades.ucf-distファイルについて

Ubuntu 16.04 にパッケージをインストールしたとき、最後にこんなメッセージが出る。

N: ディレクトリ '/etc/apt/apt.conf.d/' の '20auto-upgrades.ucf-dist' が無効なファイル名拡張子を持っているため、無視します

ググってみたら、このページを見つけた。

 cf. Ubuntu 16.10 その53 – aptコマンド実行時に20auto-upgrades.ucf-distに関するメッセージが表示される – kledgeb

このページによると、システムに影響を与えないので無視しておいても構わないようだ。対処法として「放置する」と「削除する」が紹介されている。
どっちでもいいなら削除しよう。

takatoh@wplj $ sudo rm /etc/apt/apt.conf.d/20auto-upgrades.ucf-dist

これでOKかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です