Hello, world!

気が付けば今月も20日を過ぎている。まずいな。
まあ、いい。日にちが開いてしまってけど、ちょっとずつ Go をやっていこう。

今日は定番の Hello, world プログラムを作った。

Go のプログラムはパッケージから構成される。package 文で宣言する。ここでは main という名前でパッケージを作っている。
Go のプログラムは main パッケージの main 関数がエントリポイントになる。だからプログラムのパッケージ名は main で、main という名前の関数がなければいけない。
関数の定義は func 関数名 で行う。上の例では main 関数だけがある。
import 文は、ライブラリの読み込み。ライブラリ(パッケージ)名をクォートでくくって指定する。ここでは出力のために fmt パッケージを読み込んでいる。
そして、fmt.Println 関数が標準出力への出力。引数の文字列に改行をつけて出力する。

じゃあ、実行してみよう。

^o^ > go run hello.go
Hello, world!

今日はここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です