コインの両替

最近見かけたブログの記事。

 cf. Haskell/Clojureで数学パズル:コインの両替 – Programmer’s Note

同じような問題はずっと前に Haskell でやったことがあるんだけど、今回は Go でやってみる。はじめに思い付いたのはリンク記事の後半に出てくる再帰を使ったほうなんだけど、まずはリンク記事と同じ順で for を使ったやり方で。

ああ、ネストした for 文が美しくない!!

で、こっちが再帰を使ったほう。

だいぶマシだけど else if がなあ。改めて Haskell のパターンマッチの美しいことを思い知る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です