ストリーム

チャネルを使って、数列を生成することを考える。数列のような一連のデータの流れを、ストリームとよぶ。
まずは単純な例から。

type を使って、整数をやり取りするチャネルに Stream という別名をつけている。
makeInt 関数は、整数2つ(nm)を引数にとって Stream を返す。中では、Stream を作っておき、ゴルーチンで匿名関数を実行する。このゴルーチンは for ループの中で n から m までを Stream に書き込み、最後に閉じる。
こうすることによって、数列が生成できるわけだ。
実行例:

^o^ > go run stream.go
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

次に、Stream を高階関数に渡してみよう。マッピングを行う streamMap とフィルタリングを行う streamFilter を作ってみる。どちらも関数と Stream を受け取って、新しい Stream を返す。

実行例:

^o^ > go run stream2.go
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
1 4 9 16 25 36 49 64 81 100 121 144 169 196 225 256 289 324 361 400
1 3 5 7 9 11 13 15 17 19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.