bottleアプリにNginx経由で接続できるようにする

1日空いてしまった。
uWSGI でデーモンとして動かすことに成功したので、今日は Nginx をリバースプロキシにして lcstorage というホスト名で接続できるようにする。

Nginx の前に、uWSGI の設定をちょっと変更。リクエストを待ち受けるのにポートじゃなくて UNIX ソケットを利用するようにする。

[uwsgi]
uid = lcstorage
gid = lcstorage
#http = :8080
socket = /run/uwsgi/lcstorage.sock
venv = /home/lcstorage/lcstorage/env
wsgi-file = /home/lcstorage/lcstorage/index.py
master = true
pidfile = /home/lcstorage/lcstorage/lcstorage.pid
daemonize = /home/lcstorage/lcstorage/lcstorage.log

http の設定をコメントアウトして socket を設定している。
でもって、sochekt のディレクトリをつくる。

[lcstorage@bigswifty ~]$ sudo mkdir /run/uwsgi
[lcstorage@bigswifty ~]$ sudo chmod 777 /run/uwsgi

つぎに、Nginx のバーチャルホストの設定。
/etc/nginx/conf.d/lcstorage.conf ファイルを作る。

upstream uwsgi-lcstorage {
    server unix:/run/uwsgi/lcstorage.sock;
}

server {
    # port
    listen      80;

    # server name
    server_name lcstorage;

    # document root
    #root        /home/lcstorage/lcstorage;

    # index
    #index       index.php index.html index.htm;

    client_max_body_size    4G;

    # log files
    access_log /var/log/nginx/lcstorage/access.log main;
    error_log  /var/log/nginx/lcstorage/error.log warn;

    keepalive_timeout     60;
    proxy_connect_timeout 60;
    proxy_read_timeout    60;
    proxy_send_timeout    60;

    location / {
        #root       /home/lcstorage/lcstorage;

        include uwsgi_params;
        proxy_set_header X-Real-IP $remote_addr;
        proxy_set_header X-Forwarded-For $proxy_add_x_forwarded_for;
        proxy_set_header Host $http_host;
        uwsgi_pass unix:/run/uwsgi/lcstorage.sock;
    }
}

ログファイル用のディレクトリをつくる。

[lcstorage@bigswifty ~]$ sudo mkdir /var/log/nginx/lcstorage

そして、SELinux を無効化。コレ重要。

最後に、マシンをリブートして終了。
無事にバーチャルホストにアクセスできることを確認した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください