CentOS: マシンを再起動するとサービスが動かない件

一昨日のエントリでは書かなかったけど、マシンを再起動したら uWSGI のサービスが起動しなかった。仕方がないので手動で起動してたんだけど、今日、問題が解決した。
原因は、ソケットファイルを作る /run/uwsgi ディレクトリがマシンを再起動すると消えてしまうこと。何故なら、/run は tmpfs というタイプのファイルシステムだかららしい。

[lcstorage@bigswifty ~]$ df -h
ファイルシス                      サイズ  使用  残り 使用% マウント位置
/dev/mapper/centos_bigswifty-root    50G  4.3G   46G    9% /
devtmpfs                            1.8G     0  1.8G    0% /dev
tmpfs                               1.8G  8.7M  1.8G    1% /dev/shm
tmpfs                               1.8G  9.8M  1.8G    1% /run
tmpfs                               1.8G     0  1.8G    0% /sys/fs/cgroup
/dev/sdb1                           917G  3.4G  867G    1% /mnt/wiwaxia
/dev/sdc1                           917G   77M  871G    1% /mnt/ottoia
/dev/sda1                          1014M  286M  729M   29% /boot
/dev/mapper/centos_bigswifty-home   179G  507M  178G    1% /home
tmpfs                               359M   32K  359M    1% /run/user/1001

詳しくは分からないけど、↓このページに解決策があった。

 cf.  /var/run の中身が再起動すると消えてしまうので・・・ – cles::blog

要するに、次のような内容で /etc/tmpfiles.d/uwsgi.conf  ファイルを作ってやればいいようだ。

d /run/uwsgi 0777 root root

これで無事、マシンを再起動しても大丈夫になった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください