sshで接続できるようにする

bigswifty を WiMAX に接続したので、他のマシンとはネットワーク的に切り離されてしまった。まぁ、これは意図した通りなんだけど、ssh で接続できないのも不便なので、インターネット経由で接続できるように設定する。

ここからは bitswifty 上での作業。

sshdの設定

ポートを変更。

Port 12345

root でのログインを禁止。

PermitRootLogin no

設定を反映するために sshd を再起動。

[lcstorage@bigswifty ~]$ sudo systemctl restart sshd

ファイアウォールの設定

ポートを開ける。

[lcstorage@bigswifty ~]$ sudo firewall-cmd --add-port=12345/tcp --zone=public --permanent
success

設定をリロード。

[lcstorage@bigswifty ~]$ sudo firewall-cmd --reload
success

WiMAX端末のポートマッピング

192.168.100.1 にブラウザで接続して、設定ページから、ファイアウォール設定→ポートマッピングと進んで、WAN ポートの12345 を bitswifty の12345 番ポートに接続するようにする。と、ここで気が付いたんだけど bigswifty のポートは変更しなくても良かったんじゃないか?まぁいいか。

接続テスト

別のマシンからインターネット経由で ssh 接続してみると、無事接続できた。

公開鍵での認証

認証方法をパスワード認証から公開鍵認証に切り替える。公開鍵は GitHub からもってきた。

[lcstorage@bigswifty ~]$ mkdir .ssh
mkdir: ディレクトリ `.ssh' を作成できません: ファイルが存在します
[lcstorage@bigswifty ~]$ cd .ssh
[lcstorage@bigswifty .ssh]$ wget -O authorized_keys https://github.com/takatoh.keys
--2018-12-15 05:32:26-- https://github.com/takatoh.keys
github.com (github.com) をDNSに問いあわせています... 192.30.255.112, 192.30.255.113
github.com (github.com)|192.30.255.112|:443 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 特定できません [text/plain]
`authorized_keys' に保存中

[ <=> ] 381 --.-K/s 時間 0s

2018-12-15 05:32:27 (2.28 MB/s) - `authorized_keys' へ保存終了 [381]

[lcstorage@bigswifty .ssh]$ chmod 600 authorized_keys[lcstorage@bigswifty .ssh]$ ls -al
合計 12
drwx------. 2 lcstorage lcstorage 48 12月 15 05:32 .
drwx------. 19 lcstorage lcstorage 4096 12月 15 04:34 ..
-rw------- 1 lcstorage lcstorage 381 12月 15 05:32 authorized_keys
-rw-r--r--. 1 lcstorage lcstorage 185 12月 4 03:56 known_hosts

接続テスト

再び、別のマシンから接続テスト。ちゃんと公開鍵認証で接続できた。

パスワード接続を禁止

最後に、もう一度 /etc/ssh/sshd_config ファイルを編集して、パスワード接続を禁止する。

PasswordAuthentication no

sshd を再起動。

[lcstorage@bigswifty .ssh]$ sudo systemctl restart sshd

これで完了。

参考ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください