Supervisorで自作プログラムをデーモン化

自作のプログラムやスクリプトをデーモン化したい場合がある。でも、デーモンとして動作するようには作っていない……そういう時には Supervisor の出番だ。

Supervisor は Python 製のツールで、デーモンとして動作するように作られていないプログラムでもデーモン化できる。Supervisor 自体は root 権限でデーモンとして動かす必要があるけど、その下にぶら下がるプログラムはユーザー権限で管理できるのがいい点だ。

今日は、Ubuntu マシンの wplj に Supervisor をインストールして、以前 Go で作った画像アップローダを動かしてみる。

環境

  • Ubuntu 16.04 LTS
  • Python 2.7.12

Supervisorのインストールといろいろ下準備

Supervisor 自体は pip でインストールできる。

takatoh@wplj $ sudo pip install supervisor

/etc/supervisord.conf にデフォルトの設定ファイルを生成。

takatoh@wplj $ sudo echo_supervisord_conf > /etc/supervisord.conf
-bash: /etc/supervisord.conf: 許可がありません

あれ、sudo つけてるのになんでだ?よくわからないけど sudo -s してからやってみよう。

takatoh@wplj $ sudo -s
root@wplj # echo_supervisord_conf > /etc/supervisord.conf

今度はできた。つぎ、include 設定ファイル用のディレクトリを作成。

root@wplj # mkdir /etc/supervisord.d

supervisord 自体のはくログ周りの設定。デフォルトでは /tmp/supervisord.log に吐き出すことになっているので、設定ファイル /etc/supervisord.conf を修正して /var/log/supervisord.log に吐くようにする。

[supervisord]
;logfile=/tmp/supervisord.log ; main log file; default $CWD/supervisord.log
logfile=/var/log/supervisord.log

PID ファイルの設定。/var/run 以下に置くように変更。

;pidfile=/tmp/supervisord.pid ; supervisord pidfile; default supervisord.pid
pidfile=/var/run/supervisord.pid

/etc/supervisord.d 以下のファイルを include するように変更。これで設定ファイルの修正は終了。

[include]
files = supervisord.d/*.ini

supervisord自体のサービス登録

/etc/systemd/system/supervisord.service ファイルを作成する。

[Unit]
Description=Supervisor process control system for UNIX
Documentation=http://supervisord.org/
After=network.target

[Service]
ExecStart=/usr/local/bin/supervisord -n -c /etc/supervisord.conf
ExecStop=/usr/local/bin/supervisorctl $OPTIONS shutdown
ExecReload=/usr/local/bin/supervisorctl $OPTIONS reload
KillMode=process
Restart=on-failure
RestartSec=50s

[Install]
WantedBy=multi-user.target

起動と自動起動の登録

root@wplj # systemctl start supervisord
root@wplj # systemctl enable supervisord.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/supervisord.service to /etc/systemd/system/supervisord.service.

自作プログラムの配置

Go で作った画像アップローダ sulaiman を配置する。こんなふうにした。

takatoh@wplj $ tree ~/sulaiman
/home/takatoh/sulaiman
├── config.json
├── photos
│   ├── img
│   └── thumb
├── static
│   ├── css
│   │   └── style.css
│   ├── html
│   │   └── index.html
│   └── js
│   └── sulaiman.js
└── sulaiman

試しに動かしてみる。

takatoh@wplj $ ./sulaiman
_ _ / // /
/ // / \/ _ \
//__////_/ v3.3.5
High performance, minimalist Go web framework
https://echo.labstack.com
_________________________________O/_

O\
⇨ http server started on [::]:9099

大丈夫そうだ。

プロセス管理登録と起動確認

配置したプログラムを supervisord の管理下に登録する。/etc/supervisord.d 以下に設定ファイル sulaiman.ini を作る。

[program:sulaiman]
command=/home/takatoh/sulaiman/sulaiman
process_name=sulaiman
user=takatoh
directory=/home/takatoh/sulaiman
autostart=true
autorestart=true
stdout_logfile=/home/takatoh/sulaiman/sulaiman.log
stdout_logfile_maxbytes=1MB
stdout_logfile_backups=7
stdout_capture_maxbytes=1MB
redirect_stderr=true

これで OK のはずだ。確認してみよう。

takatoh@wplj $ supervisorctl start sulaiman
error: , [Errno 13] Permission denied: file: /usr/lib/python2.7/socket.py line: 228

はぁ?どういうこと?

問題解決

ソケット周りでエラーが出てるようだ。権限がないとかいってる。supervisord の設定ファイルを眺めてみると、ソケットファイルのモードを設定する項目が見つかった。これを変更してみよう。

[unix_http_server]<br>file=/tmp/supervisor.sock   ; the path to the socket file<br>;chmod=0700                 ; socket file mode (default 0700)<br>chmod=0777

supervisord をリロード。

takatoh@wplj $ sudo systemctl reload supervisord

確認。

takatoh@wplj $ supervisorctl status sulaiman
sulaiman RUNNING pid 19356, uptime 0:00:22

こんどは OK。

これで、プログラムやスクリプトを簡単にデーモン化できるようになった。

参考ページ

 cf. Supervisorで簡単にデーモン化 – Qiita

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください