webフォントを使ってみた

さくらインターネットでは、無料でモリサワのwebフォントが使える(30書体)というので、使ってみた。このブログじゃなくて、ホームページ(PanicBlanket)のほうだ。

 cf. レンタルサーバ Webフォント機能 – さくらのサポート情報

利用するには、まずサーバコントロールパネルにログインして、利用するドメインを登録する。登録できるドメインはメニューから選べばいい。今回は panicblanket.com を登録した。

次に、html ファイルに JavaScript のファイルを読み込む設定をする。なんでフォントを使うのに JavaScript が要るのかわかんないんだけど。まぁ、そういう説明になってるので素直に従う。

html といっても、ホームページは静的サイトジェネレータの Middleman で作っているので、layouts/laytout.erb ファイルにつぎの行を追加した。

    <script type="text/javascript" src="//webfonts.sakura.ne.jp/js/sakura.js"></script>

次にスタイルシートで適当にフォントを設定してやる。ここは書くのがめんどくさいので割愛。そんでもってサイトのビルド。

takatoh@apostrophe $ bundle exec middleman build

あとは、新しくなったファイルを FTP でサーバにアップしてやればOK。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください