メソッド定義

クラスにはメソッドを定義できる。簡単な例からいこう。

scala> class Person(val name: String) {
| def hello(): String = {
| "Hello, I'm " + name + "!"
| }
| }
defined class Person

def で始まるのがメソッド定義だ。この例では引数をとらない hello メソッドを定義している。= を使うのがちょっと珍しい。

呼び出すには . (ドット)を使う。

scala> val andy = new Person("Andy")
andy: Person = Person@8d3da30

scala> andy.hello()
res0: String = Hello, I'm Andy!

メソッドの本体を { } で囲っているけど、これは一般には複数の式からなるから必要なのであって、メソッド定義の構文として必要なわけではない。言い換えると、メソッド本体が式一つだけなら { } はなくてもいい。こんなふうに。

scala> class Point(val x: Int, val y: Int) {
| def +(p: Point): Point = new Point(x + p.x, y + p.y)
| }
defined class Point

さらっと書いたけど、演算子がメソッドとして定義できるんだな。なんか条件とかあるんだろうか。

ま、とにかくこんなふうに使える。

scala> val p1 = new Point(1, 1)
p1: Point = Point@6b93c152

scala> val p2 = new Point(2, 2)
p2: Point = Point@cec7389

scala> val p3 = p1 + p2
p3: Point = Point@1514f0c2

scala> p3.x
res0: Int = 3

scala> p3.y
res1: Int = 3

今日は時間がないのでここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください