ext4のUSB外付けHDDにラベルをつける

Linux の ext4 ファイルシステムのディスクにも NTFS のボリュームラベルのようにラベル(名前)をつけられることを知った。

 cf. Linuxでストレージのラベルを確認・変更する

メインマシンの envelopes に繋がってる外付け HDD は NTFS なので、もうひとつの Ubuntu マシンである wplj の外付け HDD で試してみる。

まずはデバイスの確認。

takatoh@wplj $ lsblk
NAME   MAJ:MIN RM   SIZE RO TYPE MOUNTPOINT
sda      8:0    0 465.8G  0 disk 
├─sda1   8:1    0   512M  0 part /boot/efi
├─sda2   8:2    0 461.4G  0 part /
└─sda3   8:3    0   3.9G  0 part [SWAP]
sdb      8:16   0   2.7T  0 disk 
└─sdb1   8:17   0   2.7T  0 part /media/opabinia
sdc      8:32   0   2.7T  0 disk 
└─sdc1   8:33   0   2.7T  0 part /media/aysheaia

sdb1 と sdc1 が USB の外付け HDD だ。df コマンドに -T オプションをつけるとファイルシステムの種類を表示してくれる。

takatoh@wplj $ df -T
Filesystem     Type      1K-blocks      Used  Available Use% Mounted on
udev           devtmpfs    1948676         0    1948676   0% /dev
tmpfs          tmpfs        393812     17240     376572   5% /run
/dev/sda2      ext4      476050488  17526428  434319056   4% /
tmpfs          tmpfs       1969056       216    1968840   1% /dev/shm
tmpfs          tmpfs          5120         4       5116   1% /run/lock
tmpfs          tmpfs       1969056         0    1969056   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sdb1      ext4     2884152984 722813244 2014810080  27% /media/opabinia
/dev/sdc1      ext4     2884152984 981135372 1756487952  36% /media/aysheaia
/dev/sda1      vfat         523248      3496     519752   1% /boot/efi
tmpfs          tmpfs        393812        52     393760   1% /run/user/1000

ext4 ファイルシステムにラベルをつけるのは e2label コマンド。
e2label デバイス名で現在のラベルを表示し、e2label デバイス名 ラベルでラベルをつける(ないしは変更する)。

takatoh@wplj $ sudo e2label /dev/sdb1

ラベルがついていないので何も返ってこない。
じゃ、つけてみよう。

takatoh@wplj $ sudo e2label /dev/sdb1 OPABINIA
takatoh@wplj $ sudo e2label /dev/sdb1
OPABINIA

ついでに /dev/sdc1 にも。

takatoh@wplj $ sudo e2label /dev/sdc1 AYSHEAIA
takatoh@wplj $ sudo e2label /dev/sdc1
AYSHEAIA

無事、ラベルがついた。
ラベルは blkid コマンドでも確認できる。

takatoh@wplj $ sudo blkid
/dev/sda1: UUID="D17D-DA22" TYPE="vfat" PARTLABEL="EFI System Partition" PARTUUID="6fa2ce8f-fa84-4c97-8280-e58107f1f5f7"
/dev/sda2: UUID="55c35560-7f0d-42ea-895c-5522c3b0a757" TYPE="ext4" PARTUUID="2e419080-c527-4316-b546-f404b2974dc6"
/dev/sda3: UUID="fe038a20-aa4e-48d9-b98c-f8932b715370" TYPE="swap" PARTUUID="8383fce1-4445-419d-a75d-1e002ac985ef"
/dev/sdb1: LABEL="OPABINIA" UUID="cd8ae5c6-3931-4855-a60b-40f27b9bc518" TYPE="ext4" PARTUUID="76dd840a-3ce4-4092-9510-a127dd9f0297"
/dev/sdc1: LABEL="AYSHEAIA" UUID="4bd2ad4c-1acf-4468-847b-1dd0a0c474a2" TYPE="ext4" PARTUUID="33288db2-8046-449d-ae4f-03f23c3864b3"

WindowsからSambaの共有フォルダにコピーするときエラーが発生するようになってしまった

Samba で共有フォルダを作っている Ubuntu マシン(wplj)の外付け HDD を ext4 にフォーマットしたところ、Windows からファイルをコピーするときに、頻繁にエラーが発生するようになってしまった。
そもそも wplj の共有フォルダは Windows マシンのデータバックアップに使っていたもので、もとは NTFS のまま使っていた。そこに robocopy コマンドでバックアップをとっていた。例えば次のように。

robocopy /mir F:\softwares P:\

F: は Windows マシンの外付け HDD、P: は wplj の共有フォルダをネットワークドライブとして割り当てたものだ。wplj の外付け HDD が NTFS のときはこれで何の問題もなくバックアップできていたんだけど、ext4 にしたら「予期しないネットワークエラー」が頻繁に発生するようになってしまった、というわけ。robocopy コマンドだけでなく、エクスプローラーを使ってコピーしてみても状況は同じだった。まったくコピーができないわけじゃないので、ますますわからない。Web を見ながらいくつか解決方法を試してみたけれど、状況は変わらず。それで困っている。

ところで、よくわからないんだけど、CentOS マシン(aybesea)にたてた Samba の共有フォルダでは、上記のようなエラーは起こらない。なぜだろう?

UbuntuマシンのUSB外付けHDDをext4にフォーマットする

先日、CentOS マシン(aybesea)の外付け HDD を ext4 にしてうまくいったので、今度は Ubuntu マシン(wplj)のを ext4 にしてみる。
wplj には外付け HDD が2台あって片方はストレージ用、もう片方をバックアップ用にしている。どちらも NTFS だ。これを順次、ext4 にフォーマットし直そうというわけだ。

まずは現状の確認。

takatoh@wplj $ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs           385M   37M  349M  10% /run
/dev/sda2       454G   16G  416G   4% /
tmpfs           1.9G  9.7M  1.9G   1% /dev/shm
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs           1.9G     0  1.9G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sdc2       2.8T  1.2T  1.6T  42% /media/aysheaia
/dev/sdb2       2.8T  1.2T  1.6T  42% /media/opabinia
/dev/sda1       511M  3.4M  508M   1% /boot/efi
tmpfs           385M  108K  385M   1% /run/user/1000
tmpfs           385M   12K  385M   1% /run/user/1001
tmpfs           385M   12K  385M   1% /run/user/1003
tmpfs           385M   12K  385M   1% /run/user/1002

/media/aysheaia にマウントされている /dev/sdc2 がストレージ用、/media/opabinia にマウントされている /dev/sdb2 がバックアップ用。幸いバックアップをとっているので、片方ずつならデータを消してしまっても構わない。

それじゃ、いってみよう。まずは /media/aysheaia をアンマウント。

takatoh@wplj $ sudo umount /media/aysheaia
[sudo] takatoh のパスワード: 
umount: /media/aysheaia: target is busy
        (In some cases useful info about processes that
         use the device is found by lsof(8) or fuser(1).)

あれ、samba で使ってるからダメなのか?samba を止めてみるか。

takatoh@wplj $ sudo /etc/init.d/samba stop
[ ok ] Stopping samba-ad-dc (via systemctl): samba-ad-dc.service.
[ ok ] Stopping smbd (via systemctl): smbd.service.
[ ok ] Stopping nmbd (via systemctl): nmbd.service.
takatoh@wplj $ sudo umount /media/aysheaia
takatoh@wplj $ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs           385M   36M  349M  10% /run
/dev/sda2       454G   16G  416G   4% /
tmpfs           1.9G   15M  1.9G   1% /dev/shm
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs           1.9G     0  1.9G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sdb2       2.8T  1.2T  1.6T  42% /media/opabinia
/dev/sda1       511M  3.4M  508M   1% /boot/efi
tmpfs           385M  104K  385M   1% /run/user/1000
tmpfs           385M   12K  385M   1% /run/user/1001
tmpfs           385M   12K  385M   1% /run/user/1003
tmpfs           385M   12K  385M   1% /run/user/1002

今度はうまくいった。

つぎ、fdisk でパーティションを切り直す。

takatoh@wplj $ sudo fdisk /dev/sdc

Welcome to fdisk (util-linux 2.27.1).
Changes will remain in memory only, until you decide to write them.
Be careful before using the write command.


コマンド (m でヘルプ): p
Disk /dev/sdc: 2.7 TiB, 3000592977920 bytes, 5860533160 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 4096 bytes
I/O size (minimum/optimal): 4096 bytes / 4096 bytes
Disklabel type: gpt
Disk identifier: BCDABA26-A73C-4D65-9C8D-18C86DF92F90

デバイス    Start 最後から  セクタ  Size タイプ
/dev/sdc1      34     262177     262144  128M Microsoft reserved
/dev/sdc2  264192 5860532223 5860268032  2.7T Microsoft basic data

Partition 1 does not start on physical sector boundary.

コマンド (m でヘルプ): d
パーティション番号 (1,2, default 2): 1

Partition 1 has been deleted.

コマンド (m でヘルプ): d
Selected partition 2
Partition 2 has been deleted.

コマンド (m でヘルプ): p
Disk /dev/sdc: 2.7 TiB, 3000592977920 bytes, 5860533160 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 4096 bytes
I/O size (minimum/optimal): 4096 bytes / 4096 bytes
Disklabel type: gpt
Disk identifier: BCDABA26-A73C-4D65-9C8D-18C86DF92F90

コマンド (m でヘルプ): n
パーティション番号 (1-128, default 1): 
First sector (34-5860533126, default 2048): 
Last sector, +sectors or +size{K,M,G,T,P} (2048-5860533126, default 5860533126): 

Created a new partition 1 of type 'Linux filesystem' and of size 2.7 TiB.

コマンド (m でヘルプ): p
Disk /dev/sdc: 2.7 TiB, 3000592977920 bytes, 5860533160 sectors
Units: sectors of 1 * 512 = 512 bytes
Sector size (logical/physical): 512 bytes / 4096 bytes
I/O size (minimum/optimal): 4096 bytes / 4096 bytes
Disklabel type: gpt
Disk identifier: BCDABA26-A73C-4D65-9C8D-18C86DF92F90

デバイス   Start 最後から  セクタ  Size タイプ
/dev/sdc1   2048 5860533126 5860531079  2.7T Linux filesystem

コマンド (m でヘルプ): w
The partition table has been altered.
Calling ioctl() to re-read partition table.
Syncing disks.

そして mkfs で ext4 にフォーマット。

takatoh@wplj $ sudo blkid
/dev/sda1: UUID="D17D-DA22" TYPE="vfat" PARTLABEL="EFI System Partition" PARTUUID="6fa2ce8f-fa84-4c97-8280-e58107f1f5f7"
/dev/sda2: UUID="55c35560-7f0d-42ea-895c-5522c3b0a757" TYPE="ext4" PARTUUID="2e419080-c527-4316-b546-f404b2974dc6"
/dev/sda3: UUID="fe038a20-aa4e-48d9-b98c-f8932b715370" TYPE="swap" PARTUUID="8383fce1-4445-419d-a75d-1e002ac985ef"
/dev/sdb2: LABEL="OPABINIA" UUID="962EDE6A2EDE42C3" TYPE="ntfs" PARTLABEL="Basic data partition" PARTUUID="70fb4b85-f7aa-4b55-b359-8a954bc7a0fc"
/dev/sdb1: PARTLABEL="Microsoft reserved partition" PARTUUID="f94bfbc2-2dd6-4f5a-bcd0-41fa20509112"
/dev/sdc1: PARTUUID="33288db2-8046-449d-ae4f-03f23c3864b3"
takatoh@wplj $ sudo mkfs -t ext4 /dev/sdc1
mke2fs 1.42.13 (17-May-2015)
Creating filesystem with 732566384 4k blocks and 183148544 inodes
Filesystem UUID: 4bd2ad4c-1acf-4468-847b-1dd0a0c474a2
Superblock backups stored on blocks: 
	32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
	4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968, 
	102400000, 214990848, 512000000, 550731776, 644972544

Allocating group tables: done                            
Writing inode tables: done                            
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

3TB の HDD でもあっという間に終わるんだな。これほんとにフォーマットしてるのか?
まあいい。マウントしてみて、書き込みのテスト。

takatoh@wplj $ sudo mount --types ext4 /dev/sdc1 /media/aysheaia
takatoh@wplj $ touch /media/aysheaia/test
touch: '/media/aysheaia/test' に touch できません: 許可がありません
takatoh@wplj $ sudo touch /media/aysheaia/test
takatoh@wplj $ ls /media/aysheaia
test

大丈夫そうだ。

/etc/fstab に情報を書き込んで、再起動。

はたして再起動した結果:

takatoh@wplj $ df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
udev            1.9G     0  1.9G   0% /dev
tmpfs           385M  6.8M  378M   2% /run
/dev/sda2       454G   16G  416G   4% /
tmpfs           1.9G   29M  1.9G   2% /dev/shm
tmpfs           5.0M  4.0K  5.0M   1% /run/lock
tmpfs           1.9G     0  1.9G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/sdb1       2.7T   73M  2.6T   1% /media/aysheaia
/dev/sda1       511M  3.4M  508M   1% /boot/efi
/dev/sdc2       2.8T  1.2T  1.6T  42% /media/opabinia
tmpfs           385M   52K  385M   1% /run/user/1000

うまくマウントされたようだ。なんかデバイス名が変わってるけど……

あとはバックアップからコピーして、今度はバックアップ用の HDD を ext4 にフォーマットしなおせば OK。

Ubuntu 16.04にGolang 1.9をインストール

ググると、Ubuntu の公式パッケージにある Go は 1.6 と古いので非公式のリポジトリを登録しろ、という情報があるんだけど、apt search golang してみたら golang-1.9 というパッケージがあった。なので、これをインストールする。

takatoh@envelopes $ sudo apt install golang-1.9

ところが go version コマンドを実行しても、インストールされてない、apt install golang-go をしろ、と言われる。素直にそうしてみると、今度は Go 1.6 がインストールされてしまった。
調べてみると、/usr/lib の下に golang-1.9 と golang-1.6 があって、/usr/bin/go から 1.6 の方へリンクがはられている。ということはこのリンクを 1.9 の方へはりなおしてやればいいはず。いったん 1.6 をアンインストールしてから、リンクをはりなおした。

takatoh@envelopes $ sudo ln -s /usr/lib/go-1.9/bin/go /usr/bin/go
takatoh@envelopes $ sudo ln -s /usr/lib/go-1.9/bin/gofmt /usr/bin/gofmt

これで無事完了。

takatoh@envelopes $ go version
go version go1.9.2 linux/amd64

vsftpdのインストールと設定→解決

昨日の vsftpd が動かない問題、解決した。
話は2段階で進む。まずはじめに、vsftpd 自体が起動しない問題、これは listen ディレクティブと listen_ipv6 ディレクティブが両方 YES になっていたためだった。listen_ipv6 のほうをコメントアウトして解決。

これで起動するようにはなったけど、アクセスしてみると「500 OOPS: vsftpd: refusing to run with writable root inside chroot()」というエラーが出てログインできない。これが2つめ。ググるとつぎのページが見つかった。

 cf. vsftpdの設定で謎のエラーにハマった – TomoProgの技術書

どうやら chroot した先に書き込み権限があるとエラーになるらしい。allow_writeable_chroot ディレクティブを追加して解決。

それにしても listenlisten_ipv6 はデフォルトで両方 YES になってた。デフォルトが動かない設定になってるってどういうことよ?

vsftpdのインストールと設定→動かない

メインマシン envelopes (Ubuntu 16.04) と Windowns マシン valarie とのデータのやり取りのため、envelopes に vsftpd をインストールした。

takatoh@envelopes $ sudo apt install vsftpd

設定は、基本的には以前さくらの VPS に設定した時と同じ。ただし、ASCII 転送を有効にした。あと、設定ファイルは /etc/vsftpd.conf にあった。

それから以下を追記。

空の chroot_list ファイルを作る。

takatoh@envelopes $ sudo touch vsftpd.chroot_list

user_list ファイルを作る。

takatoh@envelopes $ sudo vim vsftpd.user_list

takatoh だけを指定した。

ポート 21 を開ける。

takatoh@envelopes $ sudo ufw allow 21/tcp
ルールを追加しました
ルールを追加しました (v6)

vsftpd をリスタート。

takatoh@envelopes $ sudo systemctl restart vsftpd

あれ?何もメッセージが出ないけどいいのかな?

takatoh@envelopes $ ps ax | grep vsftpd
18124 pts/18   S+     0:00 grep --color=auto vsftpd

ああ、やっぱり動いてない。なんでだ……

さくらのVPSプラン乗り換え計画(4)

MySQL のインストール。

takatoh@tk2-254-36564:~$ sudo apt install mysql-server

途中で root のパスワードを訊かれるので入力(2回)。
バージョンの確認。

takatoh@tk2-254-36564:~$ mysql --version
mysql  Ver 14.14 Distrib 5.7.18, for Linux (x86_64) using  EditLine wrapper

設定ファイルは /etc/mysql/my.cnf。

takatoh@tk2-254-36564:~$ cd /etc/mysql
takatoh@tk2-254-36564:/etc/mysql$ cat my.cnf
#
# The MySQL database server configuration file.
#
# You can copy this to one of:
# - "/etc/mysql/my.cnf" to set global options,
# - "~/.my.cnf" to set user-specific options.
# 
# One can use all long options that the program supports.
# Run program with --help to get a list of available options and with
# --print-defaults to see which it would actually understand and use.
#
# For explanations see
# http://dev.mysql.com/doc/mysql/en/server-system-variables.html

#
# * IMPORTANT: Additional settings that can override those from this file!
#   The files must end with '.cnf', otherwise they'll be ignored.
#

!includedir /etc/mysql/conf.d/
!includedir /etc/mysql/mysql.conf.d/

…と思ったら、何やら追加の設定は別のファイルに書くらしい。/etc/mysql/conf.d と /etc/mysql/mysql.conf.d の下に .cnf ファイルを置けば読み込んでくれるってことでいいのかな。2つのディレクトリの下にはファイルが用意されている。

takatoh@tk2-254-36564:/etc/mysql$ ls conf.d
mysql.cnf  mysqldump.cnf
takatoh@tk2-254-36564:/etc/mysql$ ls mysql.conf.d
mysqld.cnf  mysqld_safe_syslog.cnf

日本語を扱えるようにデフォルトの charset を utf-8 にするため、それぞれのファイルに次のように設定してみた(色を付けたところが追記したところ)。

これでいいはず。
MySQL を再起動してみよう。

takatoh@tk2-254-36564:/etc/mysql$ sudo systemctl restart mysqld
Failed to restart mysqld.service: Unit mysqld.service not found.

あれ?だめだ。Unit ファイルがないってか?

takatoh@tk2-254-36564:/etc/mysql$ sudo /etc/init.d/mysql restart
[....] Restarting mysql (via systemctl): mysql.serviceJob for mysql.service failed because the control process exited with error code. See "systemctl status mysql.service" and "journalctl -xe" for details.
 failed!

/etc/init.d/mysql を直接叩いてもダメだ。メッセージに従って詳細を見てみよう。

takatoh@tk2-254-36564:/etc/mysql$ systemctl status mysql.service
* mysql.service - MySQL Community Server
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/mysql.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: activating (start-post) (Result: exit-code) since Thu 2017-05-04 12:59:31 JST; 21s ago
  Process: 8060 ExecStart=/usr/sbin/mysqld (code=exited, status=1/FAILURE)
  Process: 8051 ExecStartPre=/usr/share/mysql/mysql-systemd-start pre (code=exited, status=0/SUCCESS)
 Main PID: 8060 (code=exited, status=1/FAILURE);         : 8061 (mysql-systemd-s)
   CGroup: /system.slice/mysql.service
           -control
             |-8061 /bin/bash /usr/share/mysql/mysql-systemd-start post
             -8125 sleep 1

May 04 12:59:01 tk2-254-36564 systemd[1]: Starting MySQL Community Server...
May 04 12:59:04 tk2-254-36564 systemd[1]: mysql.service: Main process exited, code=exited, status=1/FAILURE

なんかエラー?

takatoh@tk2-254-36564:/etc/mysql$ journalctl -xe

こちらの出力は長くて載せられないけど、やっぱりエラーになってるらしい。
mysql.servece ファイルが無いとの事なので調べげ見ると、/etc/systemd/system にはないけど、/lib/systemd/system にはあることがわかった。てことは、リンクを張ればいいのかな。

takatoh@tk2-254-36564:/etc/mysql$ cd
takatoh@tk2-254-36564:~$ sudo ln -s /lib/systemd/system/mysql.service /etc/systemd/system/mysql.service
takatoh@tk2-254-36564:~$ ls -l /etc/systemd/system
total 32
drwxr-xr-x 2 root root 4096 May  4 10:01 default.target.wants
drwxr-xr-x 2 root root 4096 May  4 10:00 getty.target.wants
drwxr-xr-x 2 root root 4096 May  4 10:20 graphical.target.wants
drwxr-xr-x 2 root root 4096 May  4 11:47 multi-user.target.wants
lrwxrwxrwx 1 root root   33 May  4 13:08 mysql.service -> /lib/systemd/system/mysql.service
drwxr-xr-x 2 root root 4096 May  4 10:01 network-online.target.wants
drwxr-xr-x 2 root root 4096 May  4 10:22 sockets.target.wants
lrwxrwxrwx 1 root root   31 May  4 10:23 sshd.service -> /lib/systemd/system/ssh.service
drwxr-xr-x 2 root root 4096 May  4 10:23 sysinit.target.wants
lrwxrwxrwx 1 root root   35 May  4 10:01 syslog.service -> /lib/systemd/system/rsyslog.service
drwxr-xr-x 2 root root 4096 May  4 10:01 timers.target.wants

これでどうだ。

takatoh@tk2-254-36564:~$ sudo systemctl restart mysql
Job for mysql.service failed because the control process exited with error code. See "systemctl status mysql.service" and "journalctl -xe" for details.

だめか。
Unit ファイルのなかを覗いてみる。

うん、わからん。
PermissionsStartOnly=true って行が気になる。start だけってことなのかな。サーバ自体を再起動してみるか。

うーん、再起動してもダメだなあ。
とりあえずここまでにしよう。後で追記する。

[追記]

いったん MySQL サーバをアンインストールして、再インストールしたらどうかと思ってやってみたら、今度はインストールすらエラーが出るようになってしまった。
こりゃダメか。最初からやり直しだな。

さくらのVPSプラン乗り換え計画(3)

Ruby と Git をインストール。
まず Ruby。

takatoh@tk2-254-36564:~$ sudo apt install ruby ruby-dev
takatoh@tk2-254-36564:~$ ruby -v
ruby 2.3.1p112 (2016-04-26) [x86_64-linux-gnu]

bundler が入っていないのでインストール。

takatoh@tk2-254-36564:~$ sudo gem install bundler

つぎは Git。

takatoh@tk2-254-36564:~$ sudo apt install git
takatoh@tk2-254-36564:~$ git --version
git version 2.7.4

さくらのVPSプラン乗り換え計画(1)

タイトルの通り、プランの乗り換えにチャレンジ。

VPS の OS は標準の CentOS じゃなくて、使い慣れた Ubuntu にしたかったので、OS の再インストールをした。ところが、用意されている「標準OS」の Ubuntu 16.04 をインストールしてみたけど、ログインができない。パスワードを間違えたのかと思って何度かやり直し(インストール自体のやり直しも含めて)やってみたけどダメ。CentoOS6 をインストールすると何故か大丈夫。なんでだ?
仕方がないので「カスタムOS」の Ubuntu 16.04 をインストールしたら(インストールに時間はかかったけど)無事、ログインに成功した。ユーザー名は takatoh。

VPS のページから、コンソールを選んでサーバに接続する。
まずは ssh の設定。/etc/ssh/sshd_config ファイルを編集する。

$ sudo vi /etc/ssh/sshd_config

ポートを変更。

root でのログインを禁止。

設定を反映するために sshd を再起動。

$ sudo systemctl restart sshd

次にファイアウォールの設定。

$ sudo ufw enable
$ sudo ufw default DENY
$ sudo ufw allow 60000

これで、ローカルの PC から ssh でアクセスできるようになったはず。試してみよう。

takatoh@envelopes $ ssh -p 60000 takatoh@160.16.224.68
takatoh@160.16.224.68's password: 
Welcome to Ubuntu 16.04.2 LTS (GNU/Linux 4.4.0-77-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage
Last login: Thu May  4 10:48:04 2017
takatoh@tk2-254-36564:~$

OK。
それじゃこんどはパスワード認証をやめて、公開鍵での認証に切り替える。

takatoh@tk2-254-36564:~$ pwd
/home/takatoh
takatoh@tk2-254-36564:~$ mkdir .ssh
takatoh@tk2-254-36564:~$ chmod 700 .ssh
takatoh@tk2-254-36564:~$ cd .ssh
takatoh@tk2-254-36564:~/.ssh$ wget -O authorized_keys https://github.com/takatoh.keys
--2017-05-04 11:08:43--  https://github.com/takatoh.keys
Resolving github.com (github.com)... 192.30.255.113, 192.30.255.112
Connecting to github.com (github.com)|192.30.255.113|:443... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: unspecified [text/plain]
Saving to: 'authorized_keys'

authorized_keys         [ <=>                ]     381  --.-KB/s    in 0.001s  

2017-05-04 11:08:43 (309 KB/s) - 'authorized_keys' saved [381]

takatoh@tk2-254-36564:~/.ssh$ ls -al
total 12
drwx------ 2 takatoh takatoh 4096 May  4 11:08 .
drwxr-xr-x 4 takatoh takatoh 4096 May  4 11:08 ..
-rw-rw-r-- 1 takatoh takatoh  381 May  4 11:08 authorized_keys
takatoh@tk2-254-36564:~/.ssh$ chmod 600 authorized_keys
takatoh@tk2-254-36564:~/.ssh$ ls -al
total 12
drwx------ 2 takatoh takatoh 4096 May  4 11:08 .
drwxr-xr-x 4 takatoh takatoh 4096 May  4 11:08 ..
-rw------- 1 takatoh takatoh  381 May  4 11:08 authorized_keys

ここでいったんログアウトして、鍵認証でログインできるか試してみる。

takatoh@envelopes $ ssh -p 60000 takatoh@160.16.224.68
Welcome to Ubuntu 16.04.2 LTS (GNU/Linux 4.4.0-77-generic x86_64)

 * Documentation:  https://help.ubuntu.com
 * Management:     https://landscape.canonical.com
 * Support:        https://ubuntu.com/advantage
Last login: Thu May  4 11:05:11 2017 from 58.1.225.90

OK。それじゃもう一度 /etc/ssh/sshd_config を編集して、パスワード認証をしないことにする。

sshd の再起動。

takatoh@tk2-254-36564:~$ sudo systemctl restart sshd

とりあえずここまで。