Flaskアプリを引っ越す(2)

前のエントリは、/lib/systemd/system/bruschetta.service ファイルの書き方がわからない、というところで終わった。

Unit設定ファイル

その後、なんとなくではあるけど書けたので、とりあえずは動くようになった。参考になったページはここ。
 cf. 第4回 Unit設定ファイルの記述方法 – ITPro
Unit設定ファイルというらしい。ともかく、このページを参考にして書いたのがこれ。

このファイルから、/etc/systemd/system/bruschetta.service にリンクを張る。

bruschetta@wplj:~$ sudo ln -s /lib/systemd/system/bruschetta.service /etc/systemd/system/bruschetta.service

起動確認

で、起動。

bruschetta@wplj:~$ sudo service bruschetta start

やった!動いた!
startstop を繰り返してみると、ちゃんと起動、停止する。今度は大丈夫そうだ。

ところが

Ubuntu 自体を再起動すると、サービスが動いていない。またもググッて調べた結果、systemctl enable コマンドを使えばいいらしい。
 cf. Systemdを使ってさくっと自作コマンドをサービス化してみる – Qiita

bruschetta@wplj:~$ sudo systemctl enable bruschetta
[sudo] bruschetta のパスワード: 
Synchronizing state of bruschetta.service with SysV init with /lib/systemd/systemd-sysv-install...
Executing /lib/systemd/systemd-sysv-install enable bruschetta
insserv: warning: script 'bruschetta' missing LSB tags and overrides
update-rc.d: error: bruschetta Default-Start contains no runlevels, aborting.

あれぇ?

更にググるとこのページを見つけた。
 cf. Systemd入門(4) – serviceタイプUnitの設定ファイル – めもめも
/lib/systemd/system/bruschetta.service ファイルに [Install] セクションを付け足してみる。

今度はどうだ。

bruschetta@wplj:~$ sudo systemctl enable bruschetta
Synchronizing state of bruschetta.service with SysV init with /lib/systemd/systemd-sysv-install...
Executing /lib/systemd/systemd-sysv-install enable bruschetta
insserv: warning: script 'K01bruschetta' missing LSB tags and overrides
insserv: warning: script 'bruschetta' missing LSB tags and overrides
update-rc.d: error: bruschetta Default-Start contains no runlevels, aborting.

ああダメだ。……というところで今日は時間切れ。

Flaskアプリを引っ越す

apostrophe で動いている Flask アプリを wplj に引っ越す。

virtualenvとuwsgiのインストール

takatoh@wplj $ pip install virtualenv
プログラム 'pip' はまだインストールされていません。 次のように入力することでインストールできます:
sudo apt install python-pip

あれ、pip がインストールされてなかった。

takatoh@wplj $ sudo apt install python-pip

では、あらためて。

takatoh@wplj $ sudo pip install virtualenv
takatoh@wplj $ sudo pip install uwsgi

以前のエントリを見たら sudo をつけていたので、今回もつけて実行した。

takatoh@wplj $ pip list
adium-theme-ubuntu (0.3.4)
dnspython (1.12.0)
pip (8.1.1)
pycrypto (2.6.1)
setuptools (20.7.0)
unity-lens-photos (1.0)
uWSGI (2.0.14)
virtualenv (15.1.0)
wheel (0.29.0)
You are using pip version 8.1.1, however version 9.0.1 is available.
You should consider upgrading via the 'pip install --upgrade pip' command.

virtualenv と uWSGI がちゃんとインストールされてる。pip をアップグレードしろみたいなメッセージが出てるけど、これはあとでいいや。

ユーザを作る

Flask アプリを動かす専用のユーザを作る。

takatoh@wplj $ sudo adduser bruschetta
ユーザー bruschetta' を追加しています...
新しいグループ bruschetta' (1001) を追加しています...
新しいユーザー bruschetta' (1001) をグループ bruschetta' に追加しています...
ホームディレクトリ /home/bruschetta' を作成しています...
/etc/skel' からファイルをコピーしています...
新しい UNIX パスワードを入力してください: 
新しい UNIX パスワードを再入力してください: 
passwd: パスワードは正しく更新されました
bruschetta のユーザ情報を変更中
新しい値を入力してください。標準設定値を使うならリターンを押してください
	フルネーム []: 
	部屋番号 []: 
	職場電話番号 []: 
	自宅電話番号 []: 
	その他 []: 
以上で正しいですか? [Y/n] y

sudo する権利をつける。

takatoh@wplj $ sudo gpasswd -a bruschetta sudo
ユーザ bruschetta をグループ sudo に追加

ここで今作ったユーザでログインしなおす。

Flaskアプリの配置

GitHub からクローン。

bruschetta@wplj:~$ git clone https://github.com/takatoh/Bruschetta.git bruschetta
Cloning into 'bruschetta'...
remote: Counting objects: 358, done.
remote: Total 358 (delta 0), reused 0 (delta 0), pack-reused 358
Receiving objects: 100% (358/358), 31.96 KiB | 0 bytes/s, done.
Resolving deltas: 100% (241/241), done.
Checking connectivity... done.

virtualenv を作って必要なライブラリをインストール。

bruschetta@wplj:~/bruschetta$ virtualenv env
New python executable in /home/bruschetta/bruschetta/env/bin/python
Installing setuptools, pip, wheel...done.
bruschetta@wplj:~/bruschetta$ source env/bin/activate
(env) bruschetta@wplj:~/bruschetta$ pip install -r requirements.txt
Collecting Flask (from -r requirements.txt (line 1))
  Downloading Flask-0.12-py2.py3-none-any.whl (82kB)
    100% |████████████████████████████████| 92kB 3.0MB/s 
Collecting Flask-SQLAlchemy (from -r requirements.txt (line 2))
  Downloading Flask_SQLAlchemy-2.2-py2.py3-none-any.whl
Collecting Flask-Script (from -r requirements.txt (line 3))
  Downloading Flask-Script-2.0.5.tar.gz (42kB)
    100% |████████████████████████████████| 51kB 4.0MB/s 
Collecting itsdangerous>=0.21 (from Flask->-r requirements.txt (line 1))
  Downloading itsdangerous-0.24.tar.gz (46kB)
    100% |████████████████████████████████| 51kB 4.6MB/s 
Collecting click>=2.0 (from Flask->-r requirements.txt (line 1))
  Downloading click-6.7-py2.py3-none-any.whl (71kB)
    100% |████████████████████████████████| 71kB 4.4MB/s 
Collecting Werkzeug>=0.7 (from Flask->-r requirements.txt (line 1))
  Downloading Werkzeug-0.11.15-py2.py3-none-any.whl (307kB)
    100% |████████████████████████████████| 317kB 3.0MB/s 
Collecting Jinja2>=2.4 (from Flask->-r requirements.txt (line 1))
  Downloading Jinja2-2.9.5-py2.py3-none-any.whl (340kB)
    100% |████████████████████████████████| 348kB 4.0MB/s 
Collecting SQLAlchemy>=0.8.0 (from Flask-SQLAlchemy->-r requirements.txt (line 2))
  Downloading SQLAlchemy-1.1.5.tar.gz (5.1MB)
    100% |████████████████████████████████| 5.1MB 237kB/s 
Collecting MarkupSafe>=0.23 (from Jinja2>=2.4->Flask->-r requirements.txt (line 1))
  Downloading MarkupSafe-0.23.tar.gz
Building wheels for collected packages: Flask-Script, itsdangerous, SQLAlchemy, MarkupSafe
  Running setup.py bdist_wheel for Flask-Script ... done
  Stored in directory: /home/bruschetta/.cache/pip/wheels/e2/ea/d8/8d114e46cef819f7d9879504a7f9cb2a88a479af2858223d9f
  Running setup.py bdist_wheel for itsdangerous ... done
  Stored in directory: /home/bruschetta/.cache/pip/wheels/fc/a8/66/24d655233c757e178d45dea2de22a04c6d92766abfb741129a
  Running setup.py bdist_wheel for SQLAlchemy ... done
  Stored in directory: /home/bruschetta/.cache/pip/wheels/8d/0a/3b/2109101a4052e58ad64f83661383a6b483a1c383eb09aad6d6
  Running setup.py bdist_wheel for MarkupSafe ... done
  Stored in directory: /home/bruschetta/.cache/pip/wheels/a3/fa/dc/0198eed9ad95489b8a4f45d14dd5d2aee3f8984e46862c5748
Successfully built Flask-Script itsdangerous SQLAlchemy MarkupSafe
Installing collected packages: itsdangerous, click, Werkzeug, MarkupSafe, Jinja2, Flask, SQLAlchemy, Flask-SQLAlchemy, Flask-Script
Successfully installed Flask-0.12 Flask-SQLAlchemy-2.2 Flask-Script-2.0.5 Jinja2-2.9.5 MarkupSafe-0.23 SQLAlchemy-1.1.5 Werkzeug-0.11.15 click-6.7 itsdangerous-0.24

データベースの初期化。

(env) bruschetta@wplj:~/bruschetta$ python manage.py init_db
manage.py:2: ExtDeprecationWarning: Importing flask.ext.script is deprecated, use flask_script instead.
  from flask.ext.script import Manager
/home/bruschetta/bruschetta/bruschetta/__init__.py:2: ExtDeprecationWarning: Importing flask.ext.sqlalchemy is deprecated, use flask_sqlalchemy instead.
  from flask.ext.sqlalchemy import SQLAlchemy

なんか SQLAlchemy がらみでメッセージが出てるな。まあいい、先に進めよう。
起動確認。

(env) bruschetta@wplj:~/bruschetta$ python manage.py runserver
manage.py:2: ExtDeprecationWarning: Importing flask.ext.script is deprecated, use flask_script instead.
  from flask.ext.script import Manager
/home/bruschetta/bruschetta/bruschetta/__init__.py:2: ExtDeprecationWarning: Importing flask.ext.sqlalchemy is deprecated, use flask_sqlalchemy instead.
  from flask.ext.sqlalchemy import SQLAlchemy
 * Running on http://127.0.0.1:5000/ (Press CTRL+C to quit)
127.0.0.1 - - [28/Feb/2017 20:14:23] "GET / HTTP/1.1" 200 -
127.0.0.1 - - [28/Feb/2017 20:14:23] "GET /static/style.css HTTP/1.1" 200 -
127.0.0.1 - - [28/Feb/2017 20:14:23] "GET /favicon.ico HTTP/1.1" 404 -

OK。ブラウザでも確認できた。
ここで virtualenv から抜ける。

(env) bruschetta@wplj:~/bruschetta$ deactivate

uWSGIで起動

uWSGI の設定ファイルを apostrophe からコピーしてくる。

bruschetta@wplj:~/bruschetta$ scp bruschetta@apostrophe:bruschetta/bruschetta.ini .
bruschetta@apostrophe's password: 
bruschetta.ini                                100%  350     0.3KB/s   00:00

内容はこんな感じ。

ディレクトリ構成は一緒だから、このまま行けるはずだ。

bruschetta@wplj:~/bruschetta$ sudo uwsgi bruschetta.ini
[sudo] bruschetta のパスワード: 
[uWSGI] getting INI configuration from bruschetta.ini

OK。今度もブラウザで確認できた。

起動スクリプト

これも以前のスクリプトと同じ。

起動確認。

bruschetta@wplj:~/bruschetta$ sudo service bruschetta start
Failed to start bruschetta.service: Unit bruschetta.service not found.

あれ、ダメだ。bruschetta.service ってなんだ?
ググってみると、/lib/systemd/system/bruschetta.service ファイルを作ってやればいいようだけど、書き方がよくわからない。どうしたもんか……