リスト(配列)の中で隣り合う同じ値をグループ化する(2)

こないだのやつを Scheme と Haskell でやってみた。

まずは Scheme 版。

^o^ >gosh adjacent-group.scm
((1 1) (2 2) (3) (1 1))

基本的な考え方は、Ruby や Python のと同じ。ちょっと工夫したのは、先頭の要素を最初から結果のリストに入れたこと。これで分岐条件が1つ減った。
……のはいいんだけど、これって引数に空リストが来た時のことが考えられてないじゃないか。まあ、グループ化しようというんだから空リストは考えなくてもいいか……ホントか?

さて、Haskell 版。こっちはちゃんと空リストが来ても大丈夫(実行例は示さないけど)。

^o^ >runhaskell adjacentGroup.hs
[[1,1],[2,2],[3],[1,1]]

[追記](9/27)

Scheme 版を空リスト対応にした。分岐条件が1つ増えた。

^o^ >gosh adjacent-group2.scm
((1 1) (2 2) (3) (1 1))
()

[さらに追記](9/28)

分岐条件を工夫して2つに減らせた。cond じゃなく if になった。

^o^ > gosh adjacent-group3.scm
((1 1) (2 2) (3) (1 1))
()

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください