Node.jsのバージョン管理にVoltaとfnmを試してみた

Node.jsのバージョン管理ツール多すぎ問題

Ruby なら rbenv、Python なら pyenv で決まり、みたいなバージョン管理ツールだけど、Node.js ではやたらと乱立していてどれを使うのがいいのかよくわからない。この問題自体はいろんなところで書かれていて、今回ググった中では↓このページがよくまとまっていた。

このページに挙げられているツールは以下の通り:

  • nvm
  • n
  • volta
  • asdf
  • nodenv
  • fnm
  • nvs
  • nodebrew

nvm、n、nodenv は前に試したことがある。ほかは聞いたことだけあったり、初めて知ったりだ。

いずれにせよ、JavaScript (Node.js)は Ruby や Python ほど使わないこともあって今までテキトーにしてたんだけど、静的サイトジェネレータの 11ty を試したこと(しかも Windows で)がきっかけで、少しまじめに考えてみようという気になった。なので Linux でも Windows でも使えるのが最低条件だ。

で、どれがいいかというと、上のページでは volta を薦めている。ほかには「Windows なら fnm がいい」というページがいくつか見つかった。そういうわけでこの2つを試してみることにする。どちらも Rust で書かれている。

Volta

公式サイトから Windows 用のインストーラをダウンロードする。

最新バージョンは1.0.8だ。ダウンロードしたら普通のアプリ同様にインストールすればいい。

[email protected]: Documents > volta --version
1.0.8

ヘルプを見るとこんな感じ。

[email protected]: Documents > volta --help
Volta 1.0.8
The JavaScript Launcher ⚡

    To install a tool in your toolchain, use `volta install`.
    To pin your project's runtime or package manager, use `volta pin`.

USAGE:
    volta.exe [FLAGS] [SUBCOMMAND]

FLAGS:
        --verbose
            Enables verbose diagnostics

        --quiet
            Prevents unnecessary output

    -v, --version
            Prints the current version of Volta

    -h, --help
            Prints help information


SUBCOMMANDS:
    fetch          Fetches a tool to the local machine
    install        Installs a tool in your toolchain
    uninstall      Uninstalls a tool from your toolchain
    pin            Pins your project's runtime or package manager
    list           Displays the current toolchain
    completions    Generates Volta completions
    which          Locates the actual binary that will be called by Volta
    setup          Enables Volta for the current user / shell
    run            Run a command with custom Node, npm, and/or Yarn versions
    help           Prints this message or the help of the given subcommand(s)

Node.js をインストールするには volta install

[email protected]: Documents > volta install [email protected]
success: installed and set [email protected] (with [email protected]) as default

[email protected] という書き方をしてるのは、Volta が Node.js だけでなく npm や yarn のバージョン管理にも対応してるから。ともかく Node 14 系の最新版がインストールされた。

[email protected]: Documents > node -v
v14.20.0

Node 16 系もインストールしてみる。

[email protected]: Documents > volta install [email protected]
success: installed and set [email protected] (with [email protected]) as default
[email protected]: Documents > node -v
v16.17.0

volta list all でインストールされている Node.js のリストが表示される。

[email protected]: Documents > volta list node
⚡️ Node runtimes in your toolchain:

    v14.20.0
    v16.17.0 (default)

プロジェクトごとにバージョンを分けることもできる。Volta では package.json に利用するバージョンが記載される。サンプルを作って試してみよう。

[email protected]: Documents > cd node-sample
[email protected]: node-sample > npm init

この状態で package.json はこんなふうになっている。

{
  "name": "sample",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC"
}

このプロジェクトに特定の Node.js のバージョンを指定するには volta pin コマンド。

[email protected]: node-sample > volta pin [email protected]
success: pinned [email protected] (with [email protected]) in package.json

バージョンの指定は package.json に書き込まれ、次のようになる。

{
  "name": "sample",
  "version": "1.0.0",
  "description": "",
  "main": "index.js",
  "scripts": {
    "test": "echo \"Error: no test specified\" && exit 1"
  },
  "author": "",
  "license": "ISC",
  "volta": {
    "node": "14.20.0"
  }
}

node -v で確認。

[email protected]: node-sample > node -v
v14.20.0

プロジェクトのディレクトリを抜けると、デフォルトのバージョンに戻る。

[email protected]: node-sample > cd ..
[email protected]: Documents > node -v
v16.17.0

fnm

fnm は Fast Node Manager の略だそうだ。公式サイトは見当たらないんだけど、GitHub で公開されている。

Windows にインストールするには Chocolatey を使う。PowerShell を「管理者として実行」して、次のコマンドでインストール。

[email protected]: Documents > choco install fnm

PowerShell で使うため、設定ファイルに次の行を書き足す。

fnm env --use-on-cd | Out-String | Invoke-Expression

PowerShell の設定ファイルは $profile と打ち込めばパスを表示してくれる。

[email protected]: Documents > $profile
C:\Users\takatoh\Documents\PowerShell\Microsoft.PowerShell_profile.ps1

これで準備は完了。

Node.js をインストールするには fnm install コマンドを使う。16系をインストールしてみよう。

[email protected]: Documents > fnm install 16
Installing Node v16.17.0 (x64)

でも、これだけだとまだ使えない。

[email protected]: Documents > node -v
node: The term 'node' is not recognized as a name of a cmdlet, function, script file, or executable program.
Check the spelling of the name, or if a path was included, verify that the path is correct and try again.

PowerShell を起動しなおしたら使えるようになった。

[email protected]: Documents > node -v
v16.17.0

14系もインストールしてみよう。

[email protected]: Documents > fnm install 14
Installing Node v14.20.0 (x64)

fnm list コマンドでインストール済みのバージョンを確認できる。v14.20.0 とv16.17.0 がインストールされてるけど、この時点では v16.17.0 がデフォルトになってる。

[email protected]: Documents > fnm list
* v14.20.0
* v16.17.0 default
* system
[email protected]: Documents > node -v
v16.17.0

切り替えるには fnm use コマンド。

[email protected]: Documents > fnm use 14
Using Node v14.20.0
[email protected]: Documents > node -v
v14.20.0

ところで system ってのは何だろう?

[email protected]: Documents > fnm use system
Bypassing fnm: using system node
[email protected]: Documents > node -v
node: The term 'node' is not recognized as a name of a cmdlet, function, script file, or executable program.
Check the spelling of the name, or if a path was included, verify that the path is correct and try again.

たぶん、fnm の管理下にない、もとからインストールされてるバージョンのことだな。今回の場合はそんなものはないのでエラーが出てる、と。fnm use コマンドでインストール済みのバージョンを指定してやれば直る。

[email protected]: Documents > fnm use 16
Using Node v16.17.0
[email protected]: Documents > node -v
v16.17.0

プロジェクトごとにバージョンを使い分けるには次のようにする。

[email protected]: Documents > mkdir node-sample2
[email protected]: Documents > cd node-sample2
[email protected]: node-sample2 > npm init
[email protected]: node-sample2 > fnm use 14
[email protected]: node-sample2 > node -v > .node-version

fnm では Volta と違って .node-version ファイルに保存される。中身は次のようになってる。

[email protected]: node-sample2 > cat .node-version
v14.20.0

.node-version ファイルがあるディレクトリに移動すると、自動的にバージョンを切り替えてくれる。いったん上のディレクトリに移動し、v16.17.0 に変更した後、もう一度プロジェクトのディレクトリに戻ると、v14.20.0 に切り替わる。

[email protected]: node-sample2 > node -v
v14.20.0
[email protected]: node-sample2 > cd ..
[email protected]: Documents > fnm use 16.17.0
Using Node v16.17.0
[email protected]: Documents > node -v
v16.17.0
[email protected]: Documents > cd node-sample2
Using Node v14.20.0
[email protected]: node-sample2 > node -v
v14.20.0

が、上のディレクトリに戻っても v16.17.0 には切り替わってくれない。どうも .node-version ファイルがないディレクトリに移動したときには切り替えが発生しないみたいだ。どうしようかと思ったら fnm default コマンドがあった。

[email protected]: Documents > fnm default v16.17.0
[email protected]: Documents > node -v
v14.20.0
[email protected]: Documents > fnm use 16
Using Node v16.17.0
[email protected]: Documents > node -v
v16.17.0
[email protected]: Documents > cd node-sample2
Using Node v14.20.0
[email protected]: node-sample2 > node -v
v14.20.0
[email protected]: node-sample2 > cd ..
[email protected]: Documents > node -v
v14.20.0

なのに期待通り動作しないじゃない。よくよくみると上のほうで fnm list コマンドを実行したときの出力に v16.17.0 が default ってなってる。

何か忘れてる?それともバグ?

カテゴリー: JavaScript, Windows | コメントする

2つのGitリポジトリを統合する

別々に作った2つの Git リポジトリを統合する方法。違う方法もあると思うけど、調べた結果この方法でできた、ってことで記録しておく。

前提として:

  • 既存の2つのリポジトリ、repo_arepo_b を、新しく作った repo_combined に統合する
  • いずれも Python のプロジェクトで、Poetry を使ってる

まずは新しいプロジェクトを作る。

[email protected]:w$ poetry new repo_combined

ディレクトリに移動して、Git の初期化と最初のコミット。このコミットには Poetry がデフォルトで作ってくれるファイルしかない。

[email protected]:w$ cd repo_combined
[email protected]:repo_combined$ git init
Initialized empty Git repository in /home/takatoh/w/repo_combined/.git/
[email protected]:repo_combined$ git add .
[email protected]:repo_combined$ git commit -m "First commit."
[email protected]:repo_combined$ git branch -M main

リポジトリ repo_a をリモートブランチに取り込む。

[email protected]:repo_combined$ git remote add -f repo_a https://github.com/takatoh/repo_a.git

これで、repo_combined の中には main ブランチと、全く繋がりのない repo_a/main が存在する状態になる。で、その repo_a/mainmain にマージする。

[email protected]:repo_combined$ git merge repo_a/main
fatal: refusing to merge unrelated histories

……が、失敗した。mainrepo_a/main は全く別もので繋がりがないのでマージできない。マージするには --allow-unrelated-histories オプションをつけてやる。

[email protected]:repo_combined$ git merge --allow-unrelated-histories repo_a/main
CONFLICT (add/add): Merge conflict in pyproject.toml
Auto-merging pyproject.toml
Automatic merge failed; fix conflicts and then commit the result.

pyproject.toml にコンフリクトが発生したので、解消してやる。

[email protected]:repo_combined$ code pyproject.toml
[email protected]:repo_combined$ git add pyproject.toml
[email protected]:repo_combined$ git commit -m "Merge repository 'repo_a/main'."

これで repo_a/main のマージが完了。根元が別のコミットツリーが合流するという、ちょっと不思議な感じのするツリーが出来上がる。

つぎは repo_b。これも同じようにすればいい。

[email protected]:repo_combined$ git remote add -f repo_b https://github.com/takatoh/repo_b.git

リモートブランチ repo_b/main に取り込んだら、main にマージ(--allow-unrelated-histories をつけて)。

[email protected]:repo_combined$ git merge --allow-unrelated-histories repo_b/main
CONFLICT (add/add): Merge conflict in pyproject.toml
Auto-merging pyproject.toml
CONFLICT (add/add): Merge conflict in poetry.lock
Auto-merging poetry.lock
CONFLICT (add/add): Merge conflict in .gitignore
Auto-merging .gitignore
Automatic merge failed; fix conflicts and then commit the result.

当然のようにコンフリクトが発生する(今度はファイル3つ)ので解消してやる。

poetry.lock のコンフリクトを解消するのは厄介だけど、そもそもこのファイルは人間が編集するようなものじゃないので、あとで poetry install で作り直せばすむ。ここでは内容の整合は無視して、とにかくコンフリクトを解消してやればいい。

[email protected]:repo_combined$ git add .gitignore
[email protected]:repo_combined$ git add pyproject.toml
[email protected]:repo_combined$ git add poetry.lock
[email protected]:repo_combined$ git commit -m "Merge repository 'repo_b/main'."

で、poetry.lock をいったん削除してから poetry install

[email protected]:repo_combined$ git rm poetry.lock
rm 'poetry.lock'
[email protected]:repo_combined$ poetry install
[email protected]:repo_combined$ git add poetry.lock
[email protected]:repo_combined$ git commit -m "poetry.lock: Re-generate."

これでめでたく完了。

カテゴリー: misc, Python | コメントする

ディレクトリ内の画像からコンタクトシートを作るツールを作った(Go 言語で)

コンタクトシートってのは、画像(写真)のサムネイルを一覧にして1枚のシート(あるいは1ページ)に並べたもののこと。説明するまでもないか。

とにかく、コンタクトシートを作る必要ができて方法を調べてみたら、Windows の標準機能でできることを知った。ところが、確かに簡単に PDF に出力できるんだけど、どういうわけかファイル名の順に並んでくれない。用が足りないわけじゃないんだけどなんとも気持ちが悪い。

なので、ツールを自作することにした。最近は Python を使うことが多いので今回も Python で、と思って PDF の作り方を調べている途中で、そういえば以前、ディレクトリ内の画像をサムネイルのリストを表示する html ファイルを作るツールを作ったな、と思い出した。↓これ。

Go 言語だった。

そういうわけで、久しぶり(最後のコミットは2019年の2月、なんと2年半前だ)に Go を書いて、自分でも忘れてたツールを機能拡張することにした。

方針はこうだ。

mkphotoindex コマンドに --contactsheet オプションを追加して、指定したディレクトリに含まれる画像のサムネイルとファイル名を並べた PDF ファイルを出力する。

PDF を出力できるパッケージを探してみると、github.com/signintech/gopdf というのが見つかった。おおまかな使い方は、ページを追加し、テキストや画像を配置、PDF に出力する、というシンプルなもの。あるいは原始的ともいう。

もう少し楽にできそうなのはないかと探して見つけたのが、github.com/mikeshimura/goreport。これは内部では github.com/signintech/gopdf を使っているけど、帳票を作るのに便利なように作られている。決まったフォーマットの PDF を作るにはちょうどよさそうだと思って、これを使って実装を始めた。参考にしたページは以下。

ところが、なかなか思うようにはいかなかった。Qiita の記事を読むと、結構複雑な帳票も簡単にできるように思えるんだけど、サムネイルを例えば 4列×5行とかに並べるのがうまくできない。多分理解が足りないだけで、いいやり方があるんだと思うんだけど。

で、結局のところ、A4 のページにサムネイル(とファイル名)を並べたいだけだと思いなおして、github.com/signintech/gopdf を直接使うことにした。サムネイルのサイズや位置の調整に時間をとられたけど、とりあえず用は足りるものはできた。

とはいえ問題が一つ残った。github.com/signintech/gopdf は ttf フォントを読み込んで使える(もちろん日本語も)ので、IPAex フォントをダウンロードして使っんだけど、現状の実装ではカレントディレクトリに フォントファイル ipaex.ttf を置いておく必要がある。これは結構面倒だ。今回に限っては Windows で実行するのが前提なので Windows に標準でついているフォントファイルのパスをコードに埋め込んでしまえば回避できる。でも、ほかの OS でも使うことを考えるとそれは避けたい。コマンドラインオプションでフォントファイルを指定してやることも考えたけど、デフォルトのフォントがあったほうがいい。OS ごとにデフォルトのフォントを決めてやるにはどうしたらいいんだろうか。

カテゴリー: Go, Windows | コメントする

iPadからローカルネットワーク上のWebサーバにアクセスする

メモ。あとでもう少し丁寧に書くつもり。

Squidのインストールと設定

apt でインストール。

[email protected]:~$ sudo apt install -y squid

設定ファイルは /etc/squid.conf だけど、/etc/squid/conf.d/*.conf を読み込むようになってるので、直接編集せずに /etc/squid/conf.d/panicblanket.conf ファイルを作る。

acl lan src 192.168.2.0/24
http_access allow lan

できたら Squid を再起動。

[email protected]:~$ sudo systemctl restart squid

プロキシ用のポートを開く

Squid のデフォルトのまま。3128番のポートを開く。

[email protected]:~$ sudo ufw allow 3128
Rule added
Rule added (v6)

iPadの設定

Wi-Fi の設定の一番下にある「プロキシを構成」をタップ。「手動」にチェックを入れて、サーバの IP アドレスとポート番号を入力。保存すれば OK。

これで iPad からローカルネットワーク上の Web サーバにアクセスできるようになった。

カテゴリー: misc, Ubuntu | コメントする

Python:ランダムな文字列を作る

メモ。

UUID を生成。

>>> import uuid
>>> u = uuid.uuid4()
>>> u
UUID('b7206123-4b26-49ca-b33a-d0fb240c17f9')

Base32エンコードする。

>>> import base64
>>> b = base64.b32encode(u.bytes)
>>> b
b'W4QGCI2LEZE4VMZ22D5SIDAX7E======'

b はバイト文字列なので、文字列に変換。ついでに後ろに付いている = を取り去る。これは文字数合わせのためのパディングなので取ってしまって構わない。

>>> s = b.decode().rstrip('=')
>>> s
'W4QGCI2LEZE4VMZ22D5SIDAX7E'

さらに、見た目のランダムさを増すために、ラテン文字の大文字と小文字を混在させる。そのために、ランダムにラテン文字を小文字に変換する関数を定義。

>>> import random
>>> def down(c):
...     if random.choice([True, False]):
...         return c.lower()
...     else:
...         return c

これを、s の一文字ずつに適用。

>>> random_id = ''.join([ down(c) for c in s ])
>>> random_id
'W4qgCi2LEzE4vMz22D5sidAx7E'

これで OK。やや長いのが難点かな。

>>> len(random_id)
26
カテゴリー: Python | コメントする

Ubuntu Server 22.04にSambaサーバをたてる(Dockerなしで)

Docker で Samba サーバをたてるのは諦めた。Ubuntu の上で直接 Samba サーバを動かすことにする。

まずはお決まりの apt update から。

[email protected]:~$ sudo apt update

Samba サーバのインストール。

[email protected]:~$ sudo apt install -y samba

設定ファイルを編集(バックアップをとってから)。

[email protected]:~$ sudo cp /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.orig
[email protected]:~$ sudo vim /etc/samba/smb.conf

ワークグループの名前を変更したほか、ユーザー認証なしでアクセスできる public と takatoh のみアクセスできる restricted の2つの共有フォルダを作った。

もとの設定ファイルとの差分:

[email protected]:~$ diff /etc/samba/smb.conf.orig /etc/samba/smb.conf
29c29
<    workgroup = WORKGROUP
---
>    workgroup = PANICBLANKET
241a242,257
> 
> [public]
>     path = /mnt/data/samba
>     writable = yes
>     force create mode = 0644
>     force directory mode = 0755
>     guest ok = yes
>     guest only = yes
> 
> [restricted]
>     path = /mnt/data/samba_takatoh
>     writable = yes
>     force create mode = 0644
>     force directory mode = 0755
>     valid users = takatoh
>     force user = takatoh

コメントを除く全体はこう:

[global]
   workgroup = PANICBLANKET
   server string = %h server (Samba, Ubuntu)
   log file = /var/log/samba/log.%m
   max log size = 1000
   logging = file
   panic action = /usr/share/samba/panic-action %d
   server role = standalone server
   obey pam restrictions = yes
   unix password sync = yes
   passwd program = /usr/bin/passwd %u
   passwd chat = *Enter\snew\s*\spassword:* %n\n *Retype\snew\s*\spassword:* %n\n *password\supdated\ssuccessfully* .
   pam password change = yes
   map to guest = bad user
   usershare allow guests = yes

[printers]
   comment = All Printers
   browseable = no
   path = /var/spool/samba
   printable = yes
   guest ok = no
   read only = yes
   create mask = 0700

[print$]
   comment = Printer Drivers
   path = /var/lib/samba/printers
   browseable = yes
   read only = yes
   guest ok = no

[public]
    path = /mnt/data/samba
    writable = yes
    force create mode = 0644
    force directory mode = 0755
    guest ok = yes
    guest only = yes

[restricted]
    path = /mnt/data/samba_takatoh
    writable = yes
    force create mode = 0644
    force directory mode = 0755
    valid users = takatoh
    force user = takatoh

で、共有用のディレクトリを作る。

[email protected]:~$ sudo mkdir -p /mnt/data/samba
[email protected]:~$ sudo chown nobody:nogroup /mnt/data/samba
[email protected]:~$ sudo mkdir -p /mnt/data/samba_takatoh
[email protected]:~$ sudo chown takatoh:takatoh /mnt/data/samba_takatoh

結果としてこうなった。

[email protected]:~$ ls -l /mnt/data
total 8
drwxr-xr-x 2 nobody  nogroup 4096 May  6 18:13 samba
drwxr-xr-x 3 takatoh takatoh 4096 May  6 18:13 samba_takatoh

そして、smbd をリスタート。

[email protected]:~$ sudo systemctl restart smbd

Samba にユーザーを作る。pdbedit コマンド。

[email protected]:~$ sudo pdbedit -a takatoh
new password:
retype new password:
Unix username:        takatoh
NT username:          
Account Flags:        [U          ]
User SID:             S-1-5-21-3828460484-3255695466-1925772709-1000
Primary Group SID:    S-1-5-21-3828460484-3255695466-1925772709-513
Full Name:            takatoh
Home Directory:       \\WPLJ\takatoh
HomeDir Drive:        
Logon Script:         
Profile Path:         \\WPLJ\takatoh\profile
Domain:               WPLJ
Account desc:         
Workstations:         
Munged dial:          
Logon time:           0
Logoff time:          Thu, 07 Feb 2036 00:06:39 JST
Kickoff time:         Thu, 07 Feb 2036 00:06:39 JST
Password last set:    Fri, 06 May 2022 18:12:32 JST
Password can change:  Fri, 06 May 2022 18:12:32 JST
Password must change: never
Last bad password   : 0
Bad password count  : 0
Logon hours         : FFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFFF

これでOK。Windows マシンからアクセスしてみると、ちゃんと \\wplj\public には認証無しで読み書きできる。\\wplj\restricted にはユーザー名とパスワードを要求され、正しく入力すれば読み書きできる。

無事完了。

[追記]

Samba のインストールと設定に際して、ファイアウォール関連は何もしていない。設定は次のようになっている。

[email protected]:~$ sudo ufw status
Status: active

To                         Action      From
--                         ------      ----
22/tcp                     ALLOW       Anywhere                  
137                        ALLOW       Anywhere                  
138                        ALLOW       Anywhere                  
139                        ALLOW       Anywhere                  
445                        ALLOW       Anywhere                  
22/tcp (v6)                ALLOW       Anywhere (v6)             
137 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
138 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
139 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
445 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)

Docker を使ってやってたときには何が悪かったのか、結局よくわからない。

カテゴリー: misc, Ubuntu, Windows | コメントする

DockerでSambaサーバをたてたけど外部からつながらない

昨日・今日といろいろ調べながら作業をしたけど、何が悪いのかわからない。もう Docker を使うのは諦めて、Ubuntu に直接 Samba サーバをインストールすることにしようと思うが、記録だけ残しておく。あ、「外部」ってのはローカルネットワーク上の別の PC のこと。

環境

ホストはこの間インストールした Ubuntu Server 22.04 だ。マシン自体は古いけど、いま Samba サーバになってるマシン(これは CentOS 7)はもっと古いので、これを置きかえるつもり。

  • Ubuntu Server 22.04 LTS
  • Docker version 20.10.14, build a224086349
  • docker-compose version 1.29.2, build unknown
  • dperson/samba (Samba の Docker イメージ)

Docker と docker-compose は Ubuntu のインストール時に一緒にインストールしたもの。Samba には公式の Docker イメージがないらしく、ググるとこの dperson/samba がよく使われてるようなのでこれにした。

Samba サーバをたてる

あちこちのページを参考にして、docker-compose.yml ファイルはこうした。

version: "3"

services:

  samba:
    image: dperson/samba
    container_name: samba
    restart: always
    ports:
      - "137:137"
      - "138:138"
      - "139:139"
      - "445:445"
    volumes:
      - "/mnt/data/samba:/mnt/public"
    command: [
      "-r",
      "-S",
      "-w", "PANICBLANKET",
      "-s", "public;/mnt/public;yes;no;yes;all"
    ]

これで Docker コンテナを起動してやる。

[email protected]:~$ docker-compose up -d
Creating network "takatoh_default" with the default driver
Creating samba ... done
[email protected]:~$ docker-compose ps
Name              Command                State                  Ports           
--------------------------------------------------------------------------------
samba   /sbin/tini -- /usr/bin/sam    Up (healthy)   0.0.0.0:137->137/tcp,:::137
        ...                                          ->137/tcp, 137/udp, 0.0.0.0
                                                     :138->138/tcp,:::138->138/t
                                                     cp, 138/udp, 0.0.0.0:139->1
                                                     39/tcp,:::139->139/tcp, 0.0
                                                     .0.0:445->445/tcp,:::445->4
                                                     45/tcp

次に、外部から接続できるようにホスト側のファイアウォールを設定する。Samba に関連するポートは、137、138、139、445 だ。ufw コマンドで接続を許可する。

[email protected]:~$ sudo ufw allow 137
Rule added
Rule added (v6)
[email protected]:~$ sudo ufw allow 138
Rule added
Rule added (v6)
[email protected]:~$ sudo ufw allow 139
Rule added
Rule added (v6)
[email protected]:~$ sudo ufw allow 445
Rule added
Rule added (v6)

そして、ファイアウォールを有効化。

[email protected]:~$ sudo ufw enable
Command may disrupt existing ssh connections. Proceed with operation (y|n)? y
Firewall is active and enabled on system startup

次のような状態になった。

[email protected]:~$ sudo ufw status
Status: active

To                         Action      From
--                         ------      ----
22/tcp                     ALLOW       Anywhere                  
137                        ALLOW       Anywhere                  
138                        ALLOW       Anywhere                  
139                        ALLOW       Anywhere                  
445                        ALLOW       Anywhere                  
22/tcp (v6)                ALLOW       Anywhere (v6)             
137 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
138 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
139 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)             
445 (v6)                   ALLOW       Anywhere (v6)

これで完了(のはず)。

Windows から接続テスト

Samba サーバは出来上がったはずなので、Windows マシンから接続できるかテストしてみたところ、つながらない。共有フォルダどころか、コンピュータ(ホスト名は wplj)さえも見つからないと言われる。困った。

ネットワークの確認

Samba サーバをたてた wplj とは別の Ubuntu マシン(ホスト名は apostrophe)から、ネットワーク手金接続できるのかを確認してみた。

まずは ping

[email protected]:~$ ping wplj
PING wplj (192.168.2.12) 56(84) バイトのデータ
64 バイト応答 送信元 wplj (192.168.2.12): icmp_seq=1 ttl=64 時間=0.619ミリ秒
64 バイト応答 送信元 wplj (192.168.2.12): icmp_seq=2 ttl=64 時間=0.538ミリ秒
64 バイト応答 送信元 wplj (192.168.2.12): icmp_seq=3 ttl=64 時間=1.15ミリ秒
64 バイト応答 送信元 wplj (192.168.2.12): icmp_seq=4 ttl=64 時間=0.694ミリ秒
^C
--- wplj ping 統計 ---
送信パケット数 4, 受信パケット数 4, パケット損失 0%, 時間 3057ミリ秒
rtt 最小/平均/最大/mdev = 0.538/0.750/1.150/0.237ミリ秒

OK。そりゃそうだ、SSH で接続できてんだから。

なら、ポートが使えるかどうかを書くにする nc コマンド。繋がるのがわかっている 22 番ポート(SSH)で試してみるとこうなる。

[email protected]:~$ nc -vz wplj 22
Connection to wplj 22 port [tcp/ssh] succeeded!

では、Samba の使っている(はず)のポートではどうか。

[email protected]:~$ nc -vz -u wplj 137
[email protected]:~$ nc -vz -u wplj 138
[email protected]:~$ nc -vz wplj 139
nc: connect to wplj port 139 (tcp) failed: Connection refused
[email protected]:~$ nc -vz wplj 445
nc: connect to wplj port 445 (tcp) failed: Connection refused

137 番と 138 番で -u オプションを指定してるのは udp だから。何も出力されてないのは、接続できないからだ。tcp をつかう 139 番と 445 番は「失敗した」と明快に出力されてる。

一方のサーバ(wplj)側ではどうだろう。ss コマンドを使う。

[email protected]:~$ ss -natu
Netid State  Recv-Q Send-Q                      Local Address:Port Peer Address:Port                                   Process                                  
udp   UNCONN 0      0                           127.0.0.53%lo:53        0.0.0.0:*                                                                               
udp   UNCONN 0      0                     192.168.2.12%enp1s0:68        0.0.0.0:*                                                                               
udp   UNCONN 0      0      [fe80::cad3:ffff:fe9d:2f5f]%enp1s0:546          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                        127.0.0.53%lo:53        0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      128                               0.0.0.0:22        0.0.0.0:*                                                                               
tcp   ESTAB  0      0                            192.168.2.12:22   192.168.2.14:58570                                                                           
tcp   LISTEN 0      128                                  [::]:22           [::]:*

Status の UNCONNLISTEN はそれぞれ udp、tcp の待受状態を表す。一つだけある ESTAB はつながっていることを表していて、これは SSH(22番ポート)だ。見事に Samba 関連のポートがない。

[追記]

いまためしたら、Samba のコンテナが起動してなかった。起動した上で ss コマンドを試すとこうなった。

[email protected]:~$ ss -natu
Netid State  Recv-Q Send-Q                      Local Address:Port Peer Address:Port                                   Process                                  
udp   UNCONN 0      0                           127.0.0.53%lo:53        0.0.0.0:*                                                                               
udp   UNCONN 0      0                     192.168.2.12%enp1s0:68        0.0.0.0:*                                                                               
udp   UNCONN 0      0      [fe80::cad3:ffff:fe9d:2f5f]%enp1s0:546          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                              0.0.0.0:137       0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                              0.0.0.0:138       0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                              0.0.0.0:139       0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                        127.0.0.53%lo:53        0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      128                               0.0.0.0:22        0.0.0.0:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                              0.0.0.0:445       0.0.0.0:*                                                                               
tcp   ESTAB  0      0                            192.168.2.12:22   192.168.2.14:58570                                                                           
tcp   LISTEN 0      4096                                 [::]:137          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                                 [::]:138          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                                 [::]:139          [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      128                                  [::]:22           [::]:*                                                                               
tcp   LISTEN 0      4096                                 [::]:445          [::]:*

Samba 関連のポートを待受けるようになった。けど、やっぱり他のコンピュータからはつながらない。

[email protected]:~$ nc -u -vz wplj 137
[email protected]:~$ nc -u -vz wplj 138
[email protected]:~$ nc -vz wplj 139
nc: connect to wplj port 139 (tcp) failed: Connection timed out
[email protected]:~$ nc -vz wplj 445
nc: connect to wplj port 445 (tcp) failed: Connection timed out

[追記ここまで]

まとめ

というわけで、どうやら Docker でたてた Samba のせいじゃなく、コンピュータ間で通信できてないように見える。SSH は問題なくつながってるのに何が違うんだ?

カテゴリー: misc, Ubuntu, Windows | コメントする

Ubuntu Server 22.04 LTSのインストール

先日リリースされたばかりの Ubuntu Server 22.04 LTS をインストールしてみた。インストール先は Rocky Linux をインストールしたまま使いみちを考えてなかった PC だ。これを、いまバックアップサーバになってる CentoOS 7 のサーバと置き換えることにする。Windows PC からもアクセスするので Samba を入れる必要があるけど、それはまた今度。今日は Ubuntu のインストールだけ。

といっても、去年 Ubuntu Server 20.04 LTS をインストールしたときとやることは変わらないので、手順については以前の記事のリンクを置いておく。

違うところといえば、Featured Server Snaps の選択のところで docker のほかに aws-cli も選択してインストールしたことくらい。20.04 のときはなかった(か、気が付かなかった)。

というわけで、インストールは無事終了した。

だけどひとつだけやらかした。そういえば去年も同じところで引っかかったんだ。何かというと、インストール時に作ったユーザのパスワードだ。

日本語配列のキーボードを使ってるんだけど、Ubuntu Server のインストーラには日本語キーボードの選択肢がない。というか 20.04 LTS の時にはなかったんで今回も言語選択のところで English を選んだ(もしかしたら Japanese もあったのかもしれない。ないと思っていたので確認しなかった)。日本語と英語のキーボードだと、アルファベットや数字はいいけど、記号の配列が違うんだ。で、パスワードに記号を使ってしまうと、入力したつもりの文字と実際に入力された文字が違うことになる。

これが問題になるのは SSH でほかの PC から接続して sudo コマンドを使ったとき。「ほかの PC」ってのは Windows か Ubuntu Desktop で、日本語配列のキーボードが問題なく使えてる。でも、SSH 接続した先の Ubuntu Server で sudo コマンドにパスワードを要求されて入力すると、正しいパスワードを入力してるのにエラーになる。なぜかというと、Ubuntu Server 側には正しい(言い換えると、意図したとおりの)パスワードが設定されてないからだ。今回もこれで30分ぐらい無駄にした。

英語配列のキーボード、ひとつ買っとこうかな。

カテゴリー: misc, Ubuntu | コメントする

新しいWindows11マシン

メインじゃないほうの Windows マシンを新しくした。

本当は今年の後半まで待ちたかったんだけど(主に経済的な理由で)、Bluetooth のキーボードとマウスを認識してくれなくなってしまったので、前倒しして買い替えた。

届いたのは火曜日。今日やっと最低限のセットアップだけして、この記事を書いてる。アプリも Office と Dropbox しかインストールしてない。

ほかにやってるのは Ubuntu 22.04 LTS のダウンロード(まさに今ダウンロード中)。

なんとも内容のない記事だけど、いいんだ。書かないと今月ひとつも記事がないことにもなりかねないから。あ、でも Ubuntu のインストールをすればネタができるか。

カテゴリー: misc, Windows | コメントする

Rocky Linuxをインストールしてみた

ローカルネットワーク上でサーバにしてた古いPCが空いたので、CentOS の代替のひとつ、Rocky Linux をインストールしてみた。

Rocky Linux の公式サイトはここ。

最新のバージョンは 8.5 で、EOL は 2029/3/31 となってる。ダウンロードページからはいくつかの種類の ISO イメージがダウンロードできるけど、DVD 版をダウンロードした。

ダウンロードした ISO イメージは USBメモリに焼いておく(この作業は Windows で)。

USB メモリから起動するとメニューが表示されるので、「Install Rocky Linux 8」を選択。インストーラは GUI で、日本語に対応してるし、マウスも使えるし、Ubuntu Server のインストールよりもやりやすい。基本的にはインストーラの指示に沿って進めていけばOK。主なところを書き出すと次の通り:

  • キーボード: 日本語
  • 言語サポート: 日本語
  • 時刻と日付: アジア/東京
  • rootのパスワード
  • ユーサーの作成: takatohを作成した
  • ソフトウェアの選択: サーバ(GUI使用)
  • Windowsファイルサーバーを追加
  • インストール先: 内蔵HDD
  • ストレージの設定: 自動設定
  • KDUMP: 有効(デフォルトのまま)
  • ホスト名: wplj

これでインストールを開始。しばらく時間がかかる。

インストールが終了したら再起動。初期セットアップの画面になるけどライセンスに同意すればいいだけ。

あらためてインストール時に作ったユーザー takatoh でログインすると、今度はユーザーの初期設定がはじまる。これもいくつか設定するだけで「使用する準備が完了しました。」となる。

別のマシンから ssh でログインできることも確認した。Samba もインストールされてるけど有効にはなってなかった。これは共有フォルダの設定とかが必要だし、そういうもんだろう。OS のインストール時についでにインストールできるだけでも楽だ。

というわけで、本格的に使うにはもっと手を入れる必要があるけど、インストール自体は簡単にできることがわかった。使ってみるかな。

カテゴリー: misc, RockyLinux | コメントする