抽象メンバー、抽象クラス

クラスの定義時点では実装を持たず、サブクラスで実装されるようなメソッドやフィールドを抽象メンバーと呼ぶ。また、抽象メンバーを1つ以上持つクラスを抽象クラスと呼ぶ。

Scala では、抽象クラスは abstract キーワードをつけて定義する。そして、抽象メンバーの定義は、メソッドやフィールドの本体部分がない形とする。

以下に、抽象フィールド mes を持つ抽象クラス Hoge を見よう。

scala> abstract class Hoge {
     |     val mes: String
     |     def shout(): Unit = println(mes + "!!!!")
     | }
defined class Hoge

そしてこの mes に実装を与えるのは、Hoge を継承したサブクラス Fuga だ。

scala> class Fuga extends Hoge {
     |     val mes: String = "Fuga"
     | }
defined class Fuga

さて、じゃあ Fuga を使ってみよう。

scala> val fuga = new Fuga
fuga: Fuga = Fuga@409c6c89

scala> fuga.shout
Fuga!!!!

こんな感じだ。

そして最後に追加情報。クラス定義やインスタンスの生成時にも引数がなければカッコを省略できる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください