構造体の埋め込み

Go はオブジェクト指向言語ではないけど、「構造体の埋め込み」という機能によって、似たようなことができる。
例を見てみよう。構造体 Bar にはフィールド foo として構造体 Foo が指定されている。これは単に、フィールドが構造体なだけであって、埋め込みとは言わない。一方、構造体 Baz にはフィールド名を省略して Foo が指定されている。これを匿名フィールドと言って、Baz には Foo のフィールドやメソッドが引き継がれる。これを構造体の埋め込みという。

変数 y は構造体 Bar で、Foo を埋め込んでいないので、y.printA() のようなメソッド呼び出しはできない。一方、変数 zFoo を埋め込んでいるので、z.printA() のように Foo のメソッドを呼び出すことができる。

o^ > go run struct_embed.go
a = 1
b = 2
a = 10
b = 20
c = 30
a = 100
Baz:b = 200
c = 300

複数の構造体を埋め込むこともできる。ただし、埋め込んだ構造体同士でフィールド名やメソッド名が重複すると、やや面倒になる。次の例では、構造体 Baz には FooBar が埋め込んであるけど、フィールド a とメソッド printA が重複している。こういう時は構造体名を明示して呼び出さなければならない。

^o^ > go run struct_embed2.go
0
20
30