’===’ と ’==’

  • ‘===’ は型も含めて同一でなければ true にならない。
  • ‘==’ は型が違っても構わない。たとえば,数値の 10 と文字列の “10” が true になる。
var n = 10;
var s = "10";

with(document) {
    write("n = ", n, " ; type: ", typeof n, "<br>");
    write("s = ", s, " ; type: ", typeof s, "<br>");
    write("n === s : ", n === s, "<br>");      // false
    write("n == s : ", n == s, "<br>");        // true
}
カテゴリー: JavaScript パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください