Rubyを2.0.0にバージョンアップした

もうすぐ2.1.0も出そうだというのに、いまさらながら2.0.0にバージョンアップした。
使うのはいつものとおり、One-Click Ruby Installer for Windows。ダウンロードページから、64bit版をダウンロードした。

 cf. http://rubyinstaller.org/downloads/

インストール自体はいたって簡単なので省略。あらかじめgemもいくつかインストールされていた。

^o^ > ruby -v
ruby 2.0.0p353 (2013-11-22) [x64-mingw32]

^o^ > gem list

*** LOCAL GEMS ***

bigdecimal (1.2.0)
io-console (0.4.2)
json (1.7.7)
minitest (4.3.2)
psych (2.0.0)
rake (0.9.6)
rdoc (4.0.0)
test-unit (2.0.0.0)

ついでなので、Development Kit も入れることにする。同じページから64bit版の DevKit-mingw64-64-4.7.2-20130224-1432-sfx.exe をダウンロード。自己解凍形式のexeファイルなので、C:\DevKit に解凍した。で、あとはインストール作業。次のようにした。

^o^ > cd c:\DevKit

^o^ > ruby dk.rb init
[INFO] found RubyInstaller v2.0.0 at C:/Ruby200-x64

Initialization complete! Please review and modify the auto-generated
'config.yml' file to ensure it contains the root directories to all
of the installed Rubies you want enhanced by the DevKit.

^o^ > ruby dk.rb install
[INFO] Updating convenience notice gem override for 'C:/Ruby200-x64'
[INFO] Installing 'C:/Ruby200-x64/lib/ruby/site_ruby/devkit.rb'

これでOKかな。

カテゴリー: Ruby パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください