ガード節

パターンマッチングの後,引数の具体的な値を条件に分岐したい場合には次のように書く。
| と = の間の分岐条件の部分をガード節という。
条件は上から順にチェックされる,でいいのかな。otherwise は「その他の場合」。

swapCase は文字列の中の大文字と小文字を入れ替える。アルファベットでないならそのまま。

import Data.Char

swapCase []     = []
swapCase (c:cs)
    | isUpper c = (toLower c):(swapCase cs)
    | isLower c = (toUpper c):(swapCase cs)
    | otherwise = c:(swapCase cs)
*Main> swapCase "Haskell"
"hASKELL"
*Main> swapCase "03^-c,aa"
"03^-C,AA"
カテゴリー: Haskell パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください