コンパイラ

OCaml のコンパイラには ocamlc と ocamlopt の二つがある。

ocamlc バイトコードを出力。機種非依存。
ocamlopt ネイティブコードを出力。機種依存。

ocamlc の出力したバイトコードはどの機種でも動作するけど,ただし,バイトコートインタプリタというプログラムが必要――ようするに OCaml がインストールされている環境なら実行できる。

一方,ocamlopt を Windows で使うには,

  • Microsoft Visual C++ と Microsoft MASM
  • Cygwin環境

のどちらかが必要になる。

Visual C++ は Express Edition がインストールしてあるんだけど,これだけじゃだめだった。まぁ,ocamlcを使えばいいか。

ごく基本的な使い方はこんなふう。

^o^ >ocamlc -o hello.exe hello.ml

-o オプションは出力するファイル名を指定する。Windowsでは .exe もつけること。-o オプションを省略すると camlprog.exe という名前になる。

カテゴリー: OCaml パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください