Ruby 1.9 で FizzBuzz

Ruby 1.9.1 もリリースされたことだし,新機能(Fiber と Array#cycle)を使ってFizzBuzz を書いてみたよ。d:id:takatoh:20070509:fizzbuzz のRuby版。

cf. Ruby 1.9.1 の歩き方 – るびま 0025号

# -*- encoding: utf-8 -*-
fizzbuzz = Fiber.new do
fizz = ["", "", "Fizz"].cycle
buzz = ["", "", "", "", "Buzz"].cycle
n = 1
while
s = fizz.next + buzz.next
Fiber.yield(s == "" ? n.to_s : s)
n += 1
end
end
100.times{ puts fizzbuzz.resume }

実行結果は省略。

追記:

Fiber ってスレッドに似た云々とかいうより,途中で評価を中断出来る(&途中の値を返せる)クロージャだと考えた方がわかりやすいんじゃないかと思った。

カテゴリー: Ruby パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください