Python Imaging Library (PIL)を入れてみた

pip で簡単にインストールできると書いてあるページもあるけど、少なくとも今回はうまくいかなかったので、↓このページの通りにインストールした。

 cf. Python Imaging Library (PIL)をインストール – rakkyooの備忘録

Python Imaging Library のサイト(http://www.pythonware.com/products/pil/)から、ソースをダウンロードして、展開。今回ダウンロードしたソースは、Python Imaging Library 1.1.7 Source Kit (all platforms) (November 15, 2009)。
展開したディレクトリに移動して setup.py を実行。

[email protected] $ sudo python setup.py install

ところが、python.h がない、っていうエラーが出た。ググってみたら、python-dev をインストールしておけばいいらしい。

 cf. [python]PILのインストールで「_imaging.c:75: fatal error: Python.h」- うえちょこ@ぼろぐ

[email protected] $ sudo apt-get install python-dev

再度 setup.py を実行。今度はうまくいったか。

試してみる。

[email protected] $ python
Python 2.7.6 (default, Mar 22 2014, 22:59:56) 
[GCC 4.8.2] on linux2
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> import Image
>>> im = Image.open("banner.gif")
>>> im.info
{'duration': 0, 'version': 'GIF89a', 'transparency': 57, 'background': 56}
>>> im.format
'GIF'
>>> im.size
(200, 40)
>>> 

OKっぽい。

カテゴリー: Python パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください