関数の戻り値

関数から戻り値を返すには return を使う。

return 値;

戻り値の値は関数定義の戻り値と同じじゃなければならない。戻り値が vold の場合は、単に return と書ける。

関数の途中で return に出会うと、そこで(戻り値を伴って)呼び出し元に制御が戻る。以降に記述があっても実行されない。

呼び出し側で戻り値を使うには、変数に代入すればいい。または、printf などの関数の引数としてそのまま使うこともできる。

#include

int square(int n);

int main(void)
{
    int i;
    int answer;

    printf("Input? ");
    scanf("%d", &i);

    answer = square(i);
    printf("Square is %d\n", answer);
}

int square(int n)
{
    return n * n;
}

実行結果:

[email protected] $ ./sample_1_8
Input? 5
Square is 25
カテゴリー: C パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください