break文

break 文はループを脱出する。ただし、break 文の書いてあるループだけだ。

次のプログラムは、内側のループで 1 からインクリメントしながら while ループを回しているけど、5 を超えた時点で break している。外側のループは脱出しないので、1 から 10 までループが回る。

#include

int main(void)
{
    int i, j;

    for (i = 1; i <= 10; i++) {
        j = 1;
        while (j <= 10) {
            if (j > 5) {
                break;
            }
            printf("%d", j);
            j++;
        }
        printf("\n");
    }

    return 0;
}

実行結果:

[email protected] $ ./sample_3_7
12345
12345
12345
12345
12345
12345
12345
12345
12345
12345
カテゴリー: C パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください