引数の値渡しと参照渡し

int 型や float 型の引数を普通に渡すのが値渡し。このとき引数の値はコピーされて関数に渡されるので、関数の中で変更しても元の(つまり関数の外の)変数の値は変化しない。
これに対して、ポインタで渡すのが参照渡し。引数のポインタの持っているアドレスがコピーされて関数に渡されるけど、このアドレスは関数の呼び出し元のポインタと同じデータを指している。結果として、関数内で引数(ポインタ)の指すデータを変更すると、呼びさし側でもデータが変化することになる。

参照渡しの場合は、関数の仮引数をポインタとして定義する。次のプログラム中の関数 swap は2つの引数(ポインタ)をとって、相互に値を交換する。

#include

void swap(int *i, int *j);

int main(void)
{
    int num1, num2;

    num1 = 100;
    num2 = 800;

    printf("num1= %d, num2= %d\n", num1, num2);
    swap(&num1, &num2);
    printf("num1= %d, num2= %d\n", num1, num2);

    return 0;
}

void swap(int *i, int *j)
{
    int temp;

    temp = *i;
    *i = *j;
    *j = temp;
}

「void swap(int *i, int *j)」というのが、ポインタ引数の書き方だ。ここでは2つ使っている。
実行結果:

[email protected] $ ./sample_7_3
num1= 100, num2= 800
num1= 800, num2= 100

ちゃんと num1 と num2 の値が入れ替わった。

ところで、引数に配列(文字列を含む)を渡す場合、配列のアドレスが渡されるだけで配列そのものがコピーされるわけじゃない。これは参照渡しだ。だから、関数の仮引数はポインタ型として定義する必要がある。

#include

void f(int *num);

int main(void)
{
    int count[5] = {1, 2, 3, 4, 5};

    f(count);

    return 0;
}

void f(int *num)
{
    int i;

    for (i = 0; i < 5; i++) {
        printf("%d\n", num[i]);
    }
}
[email protected] $ ./sample_7_3a
1
2
3
4
5
カテゴリー: C パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください