cat

入出力の練習。ファイルの内容を表示する。

import System

main = do args <- getArgs
          mapM_ catFile args

catFile fileName = do contents <- readFile fileName
                      putStr $ contents

コンパイルして実行。

>cat sample.txt
FORTRAN
AWK
sed
C++
Perl
Ruby
Javascript
VBA
Haskell

readFile はファイルを読み込む。 mapM_ は動作を繰り返す。この場合は引数に指定したファイルについて繰り返す。

>cat week.txt year.txt
Sun
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
Jan
Feb
Mar
Apl
May
Jun
Jul
Aug
Seb
Oct
Nov
Dec
カテゴリー: Haskell パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください