Elixirにさわってみた

関数型言語の Elixir(エリクサー)にさわってみた。ネットの情報を見た感じだと、Ubuntu にインストールするのはちょっと面倒そうだったので、こないだ買った新しいノートPC(windows10)で。
Elixir は Erlang の VM 上で動作する言語。Erlang の特徴を引き継ぎつつ、Ruby 風の文法を持っているらしい。
ともかく↓このページの最初だけをやってみた。

 cf. 1 Introduction – はじめに – Elixir

インストール

↓このページから、Windows 用のインストーラをダウンロードしてインストールする。

 cf. Installing Elixir – Elixir

上のページからダウンロードできるのは Web インストーラで、実行中に Erlang と Elixir をダウンロードするので結構時間がかかるけど、基本的には指示に従うだけでインストールできた。

^o^ > elixir -v
Erlang/OTP 19 [erts-8.0] [64-bit] [smp:4:4] [async-threads:10]

Elixir 1.3.4

インタラクティブモード

iex コマンドで起動する。

^o^ > iex
Eshell V8.0  (abort with ^G)
Interactive Elixir (1.3.4) - press Ctrl+C to exit (type h() ENTER for help)
iex(1)> 40 + 2
42
iex(2)> "Hello" <> " world"
"Hello world"

<> は文字列連結の演算子。

スクリプトを動かす

elixir コマンドでスクリプトを実行することができる。スクリプトファイルの拡張子は exs。

IO.puts "Hello world
from Elixir"
^o^ > elixir hello.exs
Hello world
from Elixir

文字列の途中に自然に改行を入れられるのが新鮮。

今日はここまで。

カテゴリー: Elixir パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください