配列

配列は次のように大きさ(長さ)と要素の型を合わせて宣言する。

var 変数名 [大きさ]型

要素の型が決まっているので、同じ配列に異なる型の要素を格納することはできない。
また、大きさも含めて配列の型なので、要素の型が同じでも大きさが異なれば別の型とみなされる。例えば [4]int[8]int は別の型だ。

宣言と同時に初期化するには次のようにする。

var 変数名 [大きさ]型 = [大きさ]型{ 値0, 値1, 値2, 値3, ... }

または

var 変数名 = [大きさ]型{ 値0, 値1, 値2, 値3, ... }

初期化しないと、配列の要素はゼロ値になる。

少し試してみよう。

package main

import "fmt"

func main() {
    var a [4]int
    var b [6]int = [6]int{ 0, 1, 2, 3, 4, 5 }
    var c = [8]int { 0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7 }

    fmt.Println(a)
    fmt.Println(b)
    fmt.Println(c)
}
o^ > go run array.go
[0 0 0 0]
[0 1 2 3 4 5]
[0 1 2 3 4 5 6 7]

配列の要素にアクセスするには、[] を使ってインデックスを指定する。インデックスは 0 始まりだ。

package main

import "fmt"

func main() {
    var a [4]int = [4]int{ 1, 2, 3, 4 }

    fmt.Println(a[2])
    fmt.Println(a)

    a[1] = 7

    fmt.Println(a[1])
    fmt.Println(a)
}
^o^ > go run array2.go
3
[1 2 3 4]
7
[1 7 3 4]

最後に len 関数について書いておこう。len 関数は配列の大きさ(長さ)を返す。

package main

import "fmt"

func main() {
    var a [4]int = [4]int{ 1, 2, 3, 4 }

    fmt.Println(a)
    fmt.Println(len(a))
}
^o^ > go run array3.go
[1 2 3 4]
4
カテゴリー: Go パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください