標準入出力

ファイル入出力はファイルディスクリプタを介して行う。要するにファイルをオープンしてファイルディスクリプタを取得し、使い終わったらクローズする、ってわけだ。
ただし、標準入出力に関しては最初から os パッケージに用意されている。

  • os.Stdin: 標準入力
  • os.Stdout: 標準出力
  • os.Stderr: 標準エラー出力

標準入力から読み込むには os.Stdin.Read 関数、出力するには os.Stdout.Write または os.Stderr.Write 関数を使う。
ちょっと試してみよう。次のプログラムは、標準入力から受け取った文字列をそのまま標準出力に書き出す(ctrl + C で終了)。

package main

import "os"

func main() {
    buff := make([]byte, 256)
    for {
        c, _ := os.Stdin.Read(buff)
        if c == 0 { break }
        os.Stdout.Write(buff[:c])
    }
}
^o^ > go run echo.go
hello
hello

ひとつめの hello がキーボードからの入力で、ふたつめの hello が返ってきた出力だ。

カテゴリー: Go パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください