一般ユーザーでsudoできるようにする

CentOS では wheel グループが sudo できるグループとして意図されているみたい。これを有効にするには次のようにする。

まず、visudo コマンドで編集。

[[email protected] ~]# visudo

終わりのほうの次の行を変更して保存。

# %wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
%wheel ALL=(ALL) ALL

それから usermod コマンドでユーザーを wheel グループに追加。

[[email protected] ~]# usermod -G wheel takatoh

これで再起動すればOK。

カテゴリー: CentOS パーマリンク

1 Response to 一般ユーザーでsudoできるようにする

  1. ピンバック: サーバのOSをUbuntuからCentoOSに変えた | blog.PanicBlanket.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください