Go言語で画像フォーマットのチェック

たまたま見つけたので、メモしておく。

cf. Go言語で画像ファイルか確認してみる – Qiita

画像を扱うには image パッケージを利用する。が、具体的なフォーマットを扱うにはそれぞれに対応したパッケージの import が必要。直接には使わないけど image パッケージの関数で内部的に使われる。注意しなきゃいけないのは、普通に import すると、インポートしてるのに使ってないぞエラーが出ること。そこで下のコードのように、パッケージ名の前に _ をつけている。

package main

import (
    "fmt"
    "os"
    "image"
    _ "image/jpeg"
    _ "image/png"
    _ "image/gif"

    _ "golang.org/x/image/bmp"
    _ "golang.org/x/image/tiff"
)

func main() {
    f, err := os.Open(os.Args[1])
    if err != nil {
        fmt.Println(err)
        return
    }
    defer f.Close()

    _, format, err := image.DecodeConfig(f)
    if err != nil {
        fmt.Println(err)
        return
    }
    fmt.Println(format)
}

それから、標準で対応しているのは、JPEG, PNG, GIF のみ。ほかに BMP と TIFF が外部のパッケージを導入すれば対応できる。こんなふうに。

^o^ > go get golang.org/x/image/bmp

^o^ > go get golang.org/x/image/tiff

で、実行例。

^o^ > go run imgcheck.go sample.jpg
jpeg

^o^ > go run imgcheck.go sample.png
png

^o^ > go run imgcheck.go sample.bmp
bmp
カテゴリー: Go パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください