変数宣言におけるパターンマッチング

パターンマッチングは match 式の中だけじゃなく、変数宣言においても使用できる。

例えばケースクラス Point があったとして

scala> case class Point(x: Int, y: Int)
defined class Point

こんなふうに変数宣言すると

scala> val Point(x, y) = Point(10, 20)
x: Int = 10
y: Int = 20

変数 x と y に値が束縛される。

scala> x
res0: Int = 10

scala> y
res1: Int = 20

ちなみに、パターンがマッチしない場合には例外が発生するので、変数宣言でのパターンマッチングは型が合うことが確実な場合にだけ使うように、と資料には書いてある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください