UbuntuのNode.jsを最新にする

ここのところ JavaScript を書く機会があって、最近の書き方なんかを調べたりしてるんだけど、そういえば Ubuntu にインストールした Node.js はどうなってるんだっけかな、と思って確かめてみたら:

[email protected] $ node -v
v4.2.6

もはや、いつインストールしたのかもわからない古いバージョンだった。公式サイトによると、最新版が13.6.0、推奨版が12.14.1 LTS だ。

で、さて、バージョンアップはどうやったらいいのか。ググってみたら、n package というのを使うといいらしい。

 cf. Ubuntuに最新のNode.jsを難なくインストールする – Qiita

さっそくこの通りにやってみる。まずは npm で n package をインストール。

[email protected] $ sudo npm install n -g

その n package (nコマンド)を使って Node.js をインストール。

[email protected] $ sudo n stable

もとから入っていた古い Node.js を削除。

[email protected] $ sudo apt purge -y nodejs npm

そしてシェルを読みなおす。

[email protected] $ exec $SHELL -l

これで完了。最新になっているか、確かめてみよう。

[email protected] $ node -v
v12.14.1
[email protected] $ npm -v
6.13.4

Qiita の記事によると、複数バージョンの管理なんかもできるらしい。

カテゴリー: JavaScript, Ubuntu パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください