練習問題

入門Haskell―はじめて学ぶ関数型言語」 p.101 より。

ところで,あるリストに複数の型を含めたい場合にはどうしたらいいか,という話ですが,そういう場合にも data は便利です。たとえば次のように
data MyType = I Int | F Float | C Char
ここでたとえば [I 10, F 10, C ‘a’] のようなリストがあるとします。

(1)[MyType] から C 要素だけ取り出す関数 filterC を書きなさい。

これは C 要素であるか否かを判定する関数を作って filter すればいいんだろう。判定には case を使って場合分けすればいい。

filterC :: [MyType] -> [MyType]
filterC = filter isC
  where isC x = case x of
                I a -> False
                F a -> False
                C a -> True

結果。

*Main> filterC [I 10, F 10, C 'a']
[C 'a']

OK。

(2) [MyType] から I 要素だけを取り出してその合計を計算する sumI を書きなさい。

sumI :: [MyType] -> Int
sumI = sum . map pickI
  where pickI x = case x of
                  I a -> a
                  otherwise -> 0
*Main> sumI [I 10, F 10, C 'a']
10

なるほど,otherwise も使えるんだな。

(3) [MyType] から,I 要素はそのまま,F 要素は整数にし(truncate 関数が使えます),C 要素はその文字の文字コードを計算し( Data.Char をインポートすれば ord 関数が計算してくれます),その合計を計算する mySum 関数を書きなさい。

import Data.Char
mySum :: [MyType] -> Int
mySum = sum . map toInt
  where toInt x = case x of
                  I a -> a
                  F a -> truncate a
                  C a -> ord a
*Main> mySum [I 10, F 10, C 'a']
117

‘a’ のコードは 97 だから全部足すと 117。OK。

ところで,GHCi で表示できるように,MyType の宣言は次のようにしている。

data MyType = I Int | F Float | C Char deriving (Show)
カテゴリー: Haskell パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください