Python: Larkを使って構文解析器をつくってみた(その2)

こないだつくった構文解析器をちょっと改良、というか修正して、入力データをコマンド形式にしてみた。

コマンド形式、っていうのは、入力データ(の内部表現)を作るための一種の DSL だ。代入も制御構造もないシェルスクリプトみたいなものと考えてくれればいい。コマンド形式にしておけば、あとから機能追加によって入力データの項目が増えたとしても対応するコマンドを追加するだけ済み、パーサ(構文解析器)を修正する必要がない。

入力データの見た目はほとんど変わらなくて、* がなくなっただけ。これは、こないだのはデータの種類を表すラベルだったのに対して、今回のはコマンド名を表すからそれらしくした。

// Example for input data.
MODEL
  RO
GAMMA0.5  // %
  0.150
HMAX
  0.200
PLOT      // %
  0.0001
  0.0002
  0.0005
  0.001
  0.002
  0.005
  0.01
  0.02
  0.05
  0.1
  0.2
  0.5
  1.0
  2.0
  5.0
 10.0
END

各コマンドは、コマンド名(行の先頭から始まる必要がある)と 0 個以上の引数からなり、改行で終わる。空白文字で始まる行は前の行の続きとみなすのと// から行末までをコメントとするのもこないだと同じ。

文法定義ファイルはこうなった。

?script : statement+

statement : command arg* "\n"

command : /[A-Z0-9.]+/

arg : string
    | real

string : UCASE_LETTER+

real : FLOAT

%import common.UCASE_LETTER
%import common.FLOAT
%import common.WS_INLINE
%ignore WS_INLINE

コメントや継続行の処理も文法でできるようだけど、今回はパースする前の前処理でやってしまうことにした。そのほうが文法が楽だったから。

さて、Lark には lark.Interpreter というクラスが用意されている。このクラスの visit() メッソッドを使うと、パースした木構造を他のデータ構造に変換する代わりに、ノードをたどりながら処理を実行できる。今回はコマンド名と引数リストを出力してるだけだけど、これでデータを構築する処理を書けばいいわけだ。

from lark import Lark
from lark.visitors import Interpreter
import sys
import re
from pprint import pprint


class MyInterpreter(Interpreter):
    def script(self, tree):
        print("SCRIPT")
        for c in tree.children:
            self.visit(c)

    def statement(self, tree):
        cmd = self.visit(tree.children[0])
        args = [ self.visit(a) for a in tree.children[1:] ]
        print("  STATEMENT")
        print("    COMMAND: " + cmd)
        print("    ARGS: " + str(args))

    def command(self, tree):
        return tree.children[0]

    def arg(self, tree):
        return self.visit(tree.children[0])

    def string(self, tree):
        return "".join(tree.children)

    def real(self, tree):
        return float(tree.children[0].value)


def contract(text):
    lines = text.splitlines(keepends=False)
    lines_new = []
    for line in lines:
        line = re.sub(r"//.*$", "", line)
        if len(line) == 0:
            pass
        elif line.startswith(" "):
            lines_new[-1] += line
        else:
            lines_new.append(line)
    return "\n".join(lines_new) + "\n"


with open("larksample2.lark", "r", encoding="utf-8") as grammar:
    parser = Lark(grammar.read(), start="script")

with open(sys.argv[1], "r") as f:
    input_data = contract(f.read())

tree = parser.parse(input_data)
MyInterpreter().visit(tree)

実行するとこうなった。

[email protected]:larksample$ python larksample2.py larksample2.dat
 SCRIPT
   STATEMENT
     COMMAND: MODEL
     ARGS: ['RO']
   STATEMENT
     COMMAND: GAMMA0.5
     ARGS: [0.15]
   STATEMENT
     COMMAND: HMAX
     ARGS: [0.2]
   STATEMENT
     COMMAND: PLOT
     ARGS: [0.0001, 0.0002, 0.0005, 0.001, 0.002, 0.005, 0.01, 0.02, 0.05, 0.1, 0.2, 0.5, 1.0, 2.0, 5.0, 10.0]
   STATEMENT
     COMMAND: END
     ARGS: []
カテゴリー: Python パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください