SQLite3のデータベースファイルからSQLにダンプする

たいしたネタじゃないけど、ときどき必要になる割にいつも調べてる気がするのでメモしておく。

SQLite3 のデータベースは1つのファイルになってる。このデータベースの中身を SQL にダンプするには sqlite3 コマンドをつかって、次の2通りのやり方がある。

対話的インターフェイスでダンプする方法

データベースを開くと、コマンド入力待ち状態になる。

[email protected]:db$ sqlite3 production.sqlite3
SQLite version 3.11.0 2016-02-15 17:29:24
Enter ".help" for usage hints.
sqlite>

ここで .dump コマンドでダンプすることができるけど、このままだと画面に出力されてしまうので、先に .output コマンドで出力先をファイルに変更しておく。

sqlite> .output ./dump.sql

これでカレントディレクトリの dump.sql ファイルに出力されるようになる。そしたら .dump コマンド。

sqlite> .dump

引数なしだとデータベース内のすべてのテーブルをダンプする。特定のテーブルだけをダンプするには、そのテーブル名を引数に与えればいい。

終わったら .exit

sqlite> .exit

コマンドラインから直接ダンプする方法

パイプを使って sqlite3 コマンドにダンプを指示する .dump コマンドを流し込んでやればいい。デフォルトでは標準出力に書き出すので、ファイルにリダイレクトする。

[email protected]:db$ echo '.dump' | sqlite3 production.sqlite3 > dump2.sql

定期的にバックアップするような場合にはこっちのほうが便利。

カテゴリー: misc, Ubuntu パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください