Windows11にJDK17をインストールした

Java についてはもう何年も前から、ライセンスで有料化だとか、開発主体が Oracle から離れたとかいう話を聞いていて、部外者から見ると何がどうなってんだかわからない状態なんだけど、Java で書かなきゃいけなさそうな事案に遭遇したので調べてみた。

といっても、ググっても情報が新旧入り混じっててむしろ混乱した。

なんとなくわかったことは:

  • Java SE 17 が最新
  • コミュニティによって OpenJDK として開発されてて、Oracle はじめいろんなところからバイナリ配布されてるらしい
  • 以前はランタイムだけの JRE ってのもあったけど今はない。開発ツールを含んだ JDK だけ

くらいなとこか。

結局 Oracle の JDK に msi インストーラがあったのでこれをインストールした。

Windows 用のインストーラなので指示通りにクリックしていけばOK。試しにコンソールから実行してみるとこんな感じ。

[email protected]: Documents > javac -version
javac 17.0.1
[email protected]: Documents > java -version
java version "17.0.1" 2021-10-19 LTS
Java(TM) SE Runtime Environment (build 17.0.1+12-LTS-39)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 17.0.1+12-LTS-39, mixed mode, sharing)

まぁ、何とかなるだろ。

カテゴリー: Java, Windows パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください