AWS CLIでAmazon S3のバケットにファイルをアップロードする

AWS CLI は AWS の各サービスをコマンドラインから使えるツールだ。Amazon S3 をデータのバックアップように使おうと思って試してみた。

インストールと設定

AWS の Web ページからダウンロードする。↓のページから。

ダウンロードした awscliv2.zip を解凍する。

[email protected]:~$ unzip awscliv2.zip

できた aws ディレクトリにあるインストールスクリプトを実行。

[email protected]:~$ sudo aws/install
You can now run: /usr/local/bin/aws --version

メッセージにあるとおりコマンド名は aws だ。バージョンを確認してみよう。

[email protected]:~$ aws --version
aws-cli/2.4.4 Python/3.8.8 Linux/5.4.0-91-generic exe/x86_64.ubuntu.20 prompt/off

続いて設定。aws configure コマンドを実行。

[email protected]:~$ aws configure
AWS Access Key ID [None]: XXXXXXXXXXXXXXXXXXXX
AWS Secret Access Key [None]: xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
Default region name [None]: us-west-2
Default output format [None]: json

AWS Access Key ID と AWS Secret Access Key はあらかじめ取得しておくこと。

S3にファイルをアップロード

aws s3 cp コマンドを利用する。今回はテスト用の panicblanket-test というバケットにファイルをアップロードする。

[email protected]:~$ aws s3 cp sample.zip s3://panicblanket-test/sample.zip

ディレクトリごとアップロードするには aws s3 sync コマンドが便利。バックアップ用途にはこちらがいいだろう。

[email protected]:~$ aws s3 sync sample s3://panicblanket-test/sample
upload: sample/sample-1.zip to s3://panicblanket-test/sample/sample-1.zip
upload: sample/sample-2.zip to s3://panicblanket-test/sample/sample-2.zip

sample ディレクトリにあった2つのファイルがアップロードされた。

あとはシェルスクリプトを書いて定期的に事項するようにしておけば良さそうだ。

カテゴリー: misc, Ubuntu パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください