datetimeクラス

timeモジュールではエポック秒やtime.struct_timeオブジェクトを扱うので、ちょっと使いにくい。その点、datetimeモジュールのdatetimeクラスは日付や時刻の比較を直接できて使いやすいようだ。

>>> from datetime import datetime
>>> t = datetime.today()
>>> t
datetime.datetime(2013, 2, 17, 22, 38, 52, 593000)
>>> t1 = datetime(2013,1,1)
>>> dt = t - t1
>>> dt
datetime.timedelta(47, 81532, 593000)

datetimeクラス同士の引き算で得られるのは、timedeltaという時間差を表すクラスのオブジェクト。3つの数値はそれぞれ、日、秒、マイクロ秒を表している。今日は今年になってから47日目ってことだな。

timeモジュールにもあったstrftimeメソッドもある。

>>> t.strftime("%Y-%m-%d %H:%M:%S")
'2013-02-17 22:38:52'

ほかにも便利そうなメソッドがたくさんあるけど、詳しくはマニュアルで。

cf. http://docs.python.jp/2.7/library/datetime.html

時間がないので、今日はここまで。

カテゴリー: Python パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください