lighttpd (for Windows) に触ってみた

ので,メモ。

cf. http://www.lighttpd.net/ (公式サイト)

cf. ぱるも日記 – Windows で lighttpd を使う

ダウンロード

↓ダウンロードはここから。バージョンは 1.4.11。

http://blogs.windowsnetworking.com/wnadmin/2006/09/22/lighttpd-web-server/

公式サイトにはWindows用バイナリ配布サイトへのリンクがあるけど,どういう訳か接続できない。

で,ここの人がミラーしてるってことらしい。最新バージョンではないけど気にしないことにする。

インストール

インストールは簡単。ダウンロードしたインストーラを実行するだけ。

インストール先を聞いてこないので,C:\lighttpd に固定のようだ。

設定

設定ファイルは,C:\lighttpd\etc\lighttpd.conf。

ぱるも日記 – Windows で lighttpd を使うを参考に。あと,付属のマニュアル(英語)をちょっとだけ参照。

まずは読み込むモジュール。CGI を使えるように,mod_cgi モジュールを読み込む。コメントをはずせばいい(29行目)。

"mod_cgi",

ドキュメントルート。これはデフォルトのまま。

server.document-root        = "C:/lighttpd/htdocs/"

URLにファイル名が省略されたときのインデックスファイルに index.cgi を追加(46行目)。

index-file.names            = ( "index.cgi", "index.php", "index.html",

ポート(138行目)。デフォルトは 80 だけど Apache が使ってるので変更。

server.port                = 81

CGIスクリプトの拡張子と実行プログラムを指定(219行目~)。

cgi.assign                 = ( ".pl"  => "C:/usr/perl/bin/perl",
".rb"  => "C:/usr/ruby/bin/ruby",
".cgi" => "C:/usr/ruby/bin/ruby" )

これで lighttpd を再起動すれば,設定が有効になる。

起動・停止はスタートメニューかアイコンでできる。けど,リスタートが無いのがちょっと不便。

ユーザーディレクトリ

ユーザーディレクトリも使える。まずは mod_userdir を有効化。

"mod_userdir",

パスの設定。lighttpd.conf にデフォルトの記述がないので一番最後に追加した。

userdir.basepath = "D:/www/lighttpd_users/"
userdir.path     = "htdocs"

これで URL とパスの関係は次のようになる。

Apache の .htaccess に相当するものは無いのかな。

つづき –> id:takatoh:20070112:lighttpd

カテゴリー: misc パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください