リストによる正方行列(つづき)

cf. 今日の一行 – リストによる正方行列処理

週をまたいでしまった。解答例もでてるけど。

問題3。これも内包表記で。

boxing :: [[a]] -> [[a]]
boxing m = [[m!!x!!y| x <- [0..l1], y <- [0..l1], xdivl2 == i, ydivl2 == j] | i <- [0..l3], j <- [0..l3]]
  where
    l1 = length m - 1
    l2 = (floor . sqrt . fromIntegral . length) m
    l3 = l2 -1

行列のサイズから n を求めるとこで型が合わずにはまった(sqrt(Floating a) => a -> a,必要なのは Int)。結局 floor を使った。

カテゴリー: Haskell パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください