GHCi

GHCiは対話的に操作できるインタプリタ。:help コマンドで使い方がわかる。

>ghci
   ___         ___ _
  / _ \ /\  /\/ __(_)
 / /_\// /_/ / /  | |      GHC Interactive, version 6.4.1, for Haskell 98.
/ /_\\/ __  / /___| |      http://www.haskell.org/ghc/
\____/\/ /_/\____/|_|      Type :? for help.

Loading package base-1.0 ... linking ... done.
Prelude> :help
 Commands available from the prompt:
   <stmt>                      evaluate/run <stmt>
   :add <filename> ...         add module(s) to the current target set
   :browse [*]<module>         display the names defined by    <module>
   :cd <dir>                   change directory to <dir>
   :def <cmd> <expr>           define a command :<cmd>
   :help, :?                   display this list of commands
   :info [<name> ...]          display information about the given  names
   :load <filename> ...        load module(s) and their dependents
   :module [+/-] [*]<mod> ...  set the context for expression evaluation
   :reload                     reload the current module set
   :set 

終了するには :quit。

関数の定義はできない。別途ファイルに保存して、:load コマンドで読み込む。

Prelude> :l addone.hs
Compiling Main             ( addone.hs, interpreted )
Ok, modules loaded: Main.
*Main> addOne 3
4
カテゴリー: Haskell パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください