リストを操作する関数

head はリストの先頭の要素,tail は先頭以外の要素を返す。

Prelude> head [1,2,3,4,5]
1
Prelude> tail [1,2,3,4,5]
[2,3,4,5]

最後の要素を得るには last が使える。

Prelude> last "abc"
'c'

文字列にも使える。

Prelude> head "abc"
'a'

演算子も関数。 !! でインデックスに対応する要素を返し,++ でリストを連結。

Prelude> "abcde" !! 3
'd'
Prelude> "abc" ++ "ef"
"abcef"
カテゴリー: Haskell パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください