書き換え可能なデータ構造:文字列

実は,文字列は書き換えが可能。たとえば次のような文字列があったとして:

# let s = "life";;
val s : string = "life"
# s;;
- : string = "life"

次のように書き換えができる。

# s.[2] <- 'k';;
- : unit = ()
# s;;
- : string = "like"

新しい値ができるのではなくて書き換わっている。

カテゴリー: OCaml パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください