Ubuntuの日本語のディレクトリ名を英語にした

Ubuntu のホームディレクトリ以下には、「ドキュメント」とか「デスクトップ」とか日本語の名前がついたディレクトリがある。分かりやすいといえばそのとおりではあるんだけど、cd で移動しようとするといちいち日本語変換しなきゃいけないのが面倒。そこでググってみたら、日本語ディレクトリ名を英語表記に変えられることが分かった。

 cf. Ubuntu 14.04 LTSをインストールした直後に行う設定 & インストールするソフト

このページの手順の通り、コンソールから次のコマンドを打ち込む。

[email protected]:~$ env LANGUAGE=C LC_MESSAGES=C xdg-user-dirs-gtk-update

するとダイアログが開いて、日本語ディレクトリ名を英語にするかと訊かれるので、Update Names ボタンを押す。
一旦ログアウトして再度ログインすると、今度は英語を日本語にするか、と訊かれるので、「次回から表示しない」にチェックを入れて「古い名前のままにする」ボタンを押す。
これでOK、と思ったら「ピクチャ」と「ダウンロード」だけ日本語のままで残ってる。Pictures と Downloads ディレクトリはあるにも関わらず。仕方がないから手で削除した。

カテゴリー: Ubuntu パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください