モジュールの定義

モジュール(正確にはストラクチャ)の定義は次のようにして,struct と endo のあいだに各種定義の書く。

# module Tree =
struct
type 'a t = Lf | Br of 'a * 'a t * 'a t
let rec size = function
Lf -> 0
| Br (_, left, right) -> 1 + size left + size right
let rec depth = function
Lf -> 0
| Br (_, left, right) -> 1 + max (depth left) (depth right)
end
;;

モジュールの中に書けるのは:

  • 変数束縛
  • 関数宣言
  • type による型宣言
  • exception宣言
  • open宣言
  • module定義(入れ子)

さて,対話環境で上のようにモジュール定義をすると次のような応答が返ってくる。

module Tree :
sig
type 'a t = Lf | Br of 'a * 'a t * 'a t
val size : 'a t -> int
val depth : 'a t -> int
end

これはシグネチャといって,いってみればモジュールの型というべきもの。これについてはまた後で書く。

カテゴリー: OCaml パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください