練習問題(つづき)

「入門Haskell」のp.31から二つ目。

② 単語のカウント方法として,Theory of Everything'のようにバッククォートとシングルクォートで囲まれたパートを,1つの単語として表現するように wordsCount を拡張しなさい。

オリジナルの wordsCount。

wordsCount str = outWords str
    where outWords [] = 0
          outWords (c:cs)
              | isAlphaNum c = 1 + inWords cs
              | otherwise = outWords cs
          inWords [] = 0
          inWords (c:cs)
              | isAlphaNum c = inWords cs
              | otherwise = outWords cs

拡張版。

wordsCount str = outWords str
    where outWords [] = 0
          outWords (c:cs)
              | c == '' = 1 + inQuote cs
              | isAlphaNum c = 1 + inWords cs
              | otherwise = outWords cs
          inWords [] = 0
          inWords (c:cs)
              | c == '' = 1 + inQuote cs
              | isAlphaNum c = inWords cs
              | otherwise = outWords cs
          inQuote [] = 0
          inQuote (c:cs)
              | c == '\'' = outWords cs
              | otherwise = inQuote cs

結果。

*Main> wordsCount "Theory of Everything' by Greg Egan"
4
カテゴリー: Haskell パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください