else文

else 文は if 文と組み合わせて使う。if の条件式が偽だった時、else に続く文が実行される。

if (条件式)
    文1;
else
    文2;

次のプログラムは、2つの整数を入力から受け取りその商を出力するけど、2つ目の数が 0 だった場合にはメッセージを出力する。

#include

int main(void)
{
    int num1, num2;

    printf("Input first number? ");
    scanf("%d", &num1);

    printf("Input second number? ");
    scanf("%d", &num2);

    if (num2 == 0)
        printf("Could not devide by zero.\n");
    else
        printf("Answer: %d\n", num1 / num2);

    return 0;
}

実行例:

[email protected] $ ./sample_2_2
Input first number? 4
Input second number? 2
Answer: 2
[email protected] $ ./sample_2_2
Input first number? 5
Input second number? 0
Could not devide by zero.
カテゴリー: C パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください